ジェイ・エイブラハムの名言|自分自身の人生の監督になる

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたが自分自身の人生の監督にならなければ、あなたの人生は他の誰かによって管理され、コントロールされてしまう。


ジェイ・エイブラハム の経歴

ジェイ・エイブラハム。アメリカのマーケティングコンサルタント。「USAトゥデイ」「ニューヨークタイムス」「ワシントンポスト」をはじめ、多くのメディアから高い評価を得て「マーケティングの天才」と評された人物。著書の『ハイパワーマーケティング』はビジネス書の大ベストセラー&ロングセラーとなっている。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

カルビーで私が取り組んだのは、ムダを徹底的に排除して効率を上げることです。その根本にある考え方は、「一利を興すは一害を除くに如かず(モンゴル帝国宰相・耶律楚材の言葉)」。害になることをひとつやめることは、利益になることをひとつ始めるよりよいという意味です。

世話になった人から押し付けられた無理難題を断るときは、会社の方針とか、その場にいない上司などを理由に依頼を断るといいでしょう。たとえば「この規模の案件だと本部長に相談する必要があるので、明日まで待ってもらえますか」といったん告げて、翌日、「申し訳ありません。本部長に相談したのですが、その条件ではちょっと呑めないという結論になりました。お力になれなくて大変残念です」とやるのです。もちろん、本部長に相談はしなくていいのです。一晩くらい寝かせて、自分も努力したことをわからせる方がいいのです。

新たな取り組みとして、CA(客室乗務員)の契約社員採用制度を廃止し、今春から正社員雇用に切り替えることを決めました。その狙いは2つあります。ひとつはCAのやる気を向上させて生産性を上げて会社の利益により貢献してもらうこと。もうひとつはCAとしての職業目体の競争力を上げ、優秀な人材を採用できるようにすることです。

悲観しても何もいいことはありません。経済とは「サイクル」です。いい時期もあれば、悪い時期もある。

たまたま何かの縁で知り合った友人・知人との関係が、将来どう発展するかはわからない。将来を期待して関係を築くのではなく、利害を超えたつながりを大切にすることで、結果、人間関係はより深まるのです。

会社って、いつも順調に成長できるほど甘いものではない。うまくいってはダメになり、そこを乗り越えて大きくなってはまたダメになるという繰り返し。だから失敗するのは、ある意味あたりまえ。

仏教というと、お経や仏像が大事だと思われがちですが、禅寺で最も大事にしているのは、食べる、寝る、トイレ、風呂といった生活の作法なのです。「おなら道」という言葉があります。おならをするのにも作法があるというわけです。考えてみると、たかだか数百年のビジネスの歴史より、おならの歴史の方がはるかに長い。そうした生命活動の一つひとつを丁寧にすることで、最終的に心が整います。

ページの先頭へ