ジェイ・エイブラハムの名言|イノベーションとは

私にとってのイノベーションとは、お客様の生活や状況に、偉大な利益の増大や改善をもたらし、なおかつ、お客様から感謝され、価値を認めてもらえるということ。

ジェイ・エイブラハム の経歴

ジェイ・エイブラハム。アメリカのマーケティングコンサルタント。「USAトゥデイ」「ニューヨークタイムス」「ワシントンポスト」をはじめ、多くのメディアから高い評価を得て「マーケティングの天才」と評された人物。著書の『ハイパワーマーケティング』はビジネス書の大ベストセラー&ロングセラーとなっている。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

勘違いしないでほしいのは、生まれつきいい声と悪い声があるわけではないということです。欧米のエリート・ビジネスマンに会うと、たいていカヴァード・ヴォイス(声を直接口先から出すのではなく、胸と頭に共鳴させるようにして出すいい声)で話しますが、それはそのための訓練を受けてきているからなのです。

お客様は、ともかく駆けつけたことを評価してくださる。そして、現場に行った人間は、そうした評価を聞いてえらく喜ぶわけです。まずはお客様に褒めていただけることをやる。信頼の形成にはそれが不可欠なのです。
【覚書き|電波状況が悪いとお客様から電話が入ったら、24時間以内に訪問調査するサービスについて語った言葉】

定年制も含め、日本企業は雇用形態についていま一度、見直すべきだと思います。他社と経営統合した後に、たすきがけ人事なんてこをとして、経営がおかしくなっている企業も少なくありません。

当社は快適な職場環境を整えることに腐心してきました。社員が働くことに誇りを持ち、働き続けたいと思う社会にすることを心がけてきました。

コンビニチェーンに転職し、店長を任されたとき、検証のために自腹を切ったこともあります。「POPを飾れば売上げが伸びる」という仮説を思いついたものの、予算がなかったので、自腹で材料を買ってPOPをつくり、販売データをとったのです。するとPOPの効果が数字でも証明されたので、今度はそのデータをもとに本部に提案を行ない、その後は本部が予算を出してPOPをつくってくれるようになりました。

世の中にとって必要だけど、誰もやっていないガラ空きゾーンは皆さんが思っているより見つけやすいもの。ただ、地味で手間がかかるので手がつけられていない。起業を考えている人はまず、泥臭く、地道にハードに働けるかを自問してみてください。

世の中には3種類の人がいます。

  1. 何が起こっているのかを「見る人」。半分くらいの人はこれです。
  2. 何が起こっているのかを「尋ねる人」。分析をしたりできる頭のいい人たちで、これが残りの大半です。
  3. 1%くらいの人たちが三つ目の「起こす」人です。これができる人は少ないのです。でも、これからの若い人は、この「起こす人」でなければなりません。

仮にひとつの問題しか思いつかなくても、ほかのも問題はないか、何か違った視点はないかと日ごろから考える癖をつけるといいでしょう。たとえば、何かの問題に対し「アメリカでは……」と書いてあったら、「では、ヨーロッパから見たらどうなのか。東南アジアから見たらどうなのか」と考えてみる。そうした習慣がものごとの見方を広く深くします。

加賀屋では女将に加えて、それぞれの客室棟ごとに、接客のグループリーダーがいます。いわばミニ女将です。彼女たちが現場をまとめ、教育係も務めてくれています。

中古車業界の中に入ってみると、予想以上に環境が悪かったことをよく覚えています。今でこそかなり中古車業界のイメージはクリーンなものに磨かれましたが、私たちが商売を始めたころは、今の真逆。値段なんかあってないようなもので、販売価格はお客さんを見て判断する。あまり車のことを分かっていないお客さんであれば、値をつり上げたりすることが平気でまかり通っていた。つまり、売るにしても下取りをするにしても、適正な値段で流通していなかったのです。そこで、ふと思いました。「このままじゃ中古車業界に先はないな」と。

もはや分野にかかわらず、画一的なトップダウンの経営手法には限界が見え始めている。マネジメント層も、従来の人材管理のあり方を見直さねばならない時代が到来している。

いつの時代も、世の中で変わらないものなんて何もない。明日、どうなるかわからないのが人生。

今はインターネットが完全に定着し、どんどん広がりを見せてきた時代が過ぎ、データ情報をどのように分析して活用するかが問われる時代です。ですから、企業にとっては、情報の中身をどう掘り下げ、自分たちの事業にどう生かしていくことができるか。そこに企業存続のカギがあります。

ページの先頭へ