ジェイ・エイブラハムの名言|イノベーションとは

このエントリーをはてなブックマークに追加

私にとってのイノベーションとは、お客様の生活や状況に、偉大な利益の増大や改善をもたらし、なおかつ、お客様から感謝され、価値を認めてもらえるということ。


ジェイ・エイブラハム の経歴

ジェイ・エイブラハム。アメリカのマーケティングコンサルタント。「USAトゥデイ」「ニューヨークタイムス」「ワシントンポスト」をはじめ、多くのメディアから高い評価を得て「マーケティングの天才」と評された人物。著書の『ハイパワーマーケティング』はビジネス書の大ベストセラー&ロングセラーとなっている。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

環境が人を創る。何事もカタチから入るのが私の流儀で、そのほうがスピードが上がる。

どんなに素晴らしい能力を持っていても、肝心の方向性がブレる人には誰もついてこない。「仕事だから」という割り切った気持ちが見えるリーダーなら、なおさら。

人とお会いするとき、私は何かしら自分の向上にプラスになるものを得たいと思って接しています。そして、話の中で印象深かったことをお礼状で触れるのです。相手も自分の話が役に立ったことを素直に喜んでくれるでしょう。

多くの人は新規顧客を獲得することに躍起になりすぎている。いままで一度も購入したことのない人に初めて購入してもらうよりも、以前買ったことのある人に再購入をしていただくほうが、より簡単だということを決して忘れてはならない。

普通の経営者は社員が共有すべき価値観を何度も話すことはしません。ほかにやることがいくらでもありますし、同じ内容の話を何度もしていたら自分自身が飽きてしまいますから。しかしジャック・ウェルチは、価値観を組織の隅々まで正確に伝えるためには自ら時間を割いて伝えることが最重要だと考えていました。そして、その価値観の共有がGEの強さになったのです。

何によってやる気が出るかは、人によってまったく違います。外発的動機に基づいた成果主義が上手くいかない理由もまさにそこにあって、アメとムチで動機づけされる人は確かにいますが、一方で、仕事への興味や充実感が湧かないとまるでやる気が出ない人もいます。

シンガポール進出は、日本でヒットした缶コーヒーを世界で売るためのきっかけでした。ところが、シンガポールでは缶コーヒーを飲む習慣がなく、いくらマーケティングをしても全く売れない。そこでいち早く、現地の嗜好に合わせて、グリーンティーを中心としたお茶の開発に切り替えました。

ページの先頭へ