モンテスキューの名言|真に知的な人は、他の人が知識として有しているだけのことを身体で感得している

真に知的な人は、他の人が知識として有しているだけのことを身体で感得している。

モンテスキュー の経歴

シャルル=ルイ・ド・モンテスキュー。フランスの哲学者、政治思想家、法律家。ラ・ブレードとモンテスキューを領地とした男爵。ボルドー大学法学部卒業後、パリに遊学。ボルドー高等法院参事官、ボルドー高等法院副院長などを務めたのち、『ペルシア人の手紙』を出版し退官。アカデミー・フランセーズ会員。主な著書に『ローマ人盛衰原因論』『法の精神』など。立法、行政、司法の三権分立を提唱。社会学の父と呼ばれている。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

仕事は「段取り八分」と言いますが、営業はまさにそう。「下準備」で勝負がほぼ決まる。

江上治の名言|営業は「下準備」で勝負がほぼ決まる


仕事ばかりのメリハリのない生活を続けていると、惰性で働くようになります。すると、新しい発見や感動がなくなり、感性も鈍ってしまう。これじゃあ、仕事の成果は挙がりませんし、人生もつまらないですよね。

南部靖之の名言|仕事人生にならないように注意


我々が「QSC&V(品質・サービス・清潔さ・価値)」という言葉を言うたびにレンガを積み上げていたとしたら、おそらく太平洋を横断する橋ができていただろう。

レイ・クロックの名言・格言|QSC&V(品質・サービス・清潔さ・価値)と言い続ける


記者が警察のところに行って、なにかありますか?と漠然と聞いても何も答えてくれません。情報収集を行い、それをもとに自分の読みを立ててから質問すれば、警察もこちらに一目置くようになります。仮説を持って取材に行くから、相手との信頼関係が生まれるのです。それはビジネスなどの営業活動でも同じでしょう。いい結果を生むのは相手との良好な信頼関係です。相手から信用を得るには、入手できる情報から、自分なりの仮説を立てることが重要なのではないでしょうか。

池上彰の名言・格言|いい結果を生むのは相手との良好な信頼関係が必要


「何が一番大切なのか」がわかる形をしっかり作り、例外を認めず実行していくことが、価値観の伝達には大切です。

三谷宏治の名言|価値観の伝達に大切なこと


私の場合は2週間先の「やるべきこと」や「やりたいこと」をすべて書き出す。すると2週間先から遡って「今日やること」が自然に見える。つまり、未来のことをノートに書き、それをこなすうちに思考が現実化するわけです。

渡邉幸義の名言|2週間先の「やるべきこと」や「やりたいこと」を書き出す


私は必要に迫られ、新たな挑戦をせざるを得なかったのですが、適応できない職人も数多くいました。しかし、そんな中で生き残ってこられたのも、一つのべっ甲細工に固執しなかったからだと思います。得意なジャンルがあるのは結構なことですが、それだけに特化しすぎるのは弱点にもなり得るのです。

磯貝實の名言|特化しすぎるのは弱点にもなり得る


株主の利益だけを優先するのではなく、その他のステークホルダー、すなわち従業員、お客様、取引先、さらには沿線の地域社会まで含めたステークホルダーの利益とのバランスを取っていくことが重要だと私は考えています。

角和夫の名言|すべてのステークホルダーの利益のバランスをとることが重要


全国1800の自治体には1800の処方箋があるべきだと思います。それぞれの地域が将来自分達はどうあるべきかを考え、行動することが地方再生の核になります。

三村明夫の名言|それぞれの地域が将来自分達はどうあるべきかを考え、行動することが地方再生の核


いま上手くいっていなくても、自分のせいではなくフレーム(ものごとの捉え方、枠)が悪いのかもしれない。性格的な強みはフレームに近いところがある。自分が特に変わる必要はなくて、その強みを生かすことをすれば、水を得た魚で、おのずとごきげんさは増す。

坪田一男の名言|自分の考え方をとらえ直してみることの大切さ


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ