モンテスキューの名言|人間は考えることが少なければ少ないほど、余計にしゃべる

人間は考えることが少なければ少ないほど、余計にしゃべる。

モンテスキュー の経歴

シャルル=ルイ・ド・モンテスキュー。フランスの哲学者、政治思想家、法律家。ラ・ブレードとモンテスキューを領地とした男爵。ボルドー大学法学部卒業後、パリに遊学。ボルドー高等法院参事官、ボルドー高等法院副院長などを務めたのち、『ペルシア人の手紙』を出版し退官。アカデミー・フランセーズ会員。主な著書に『ローマ人盛衰原因論』『法の精神』など。立法、行政、司法の三権分立を提唱。社会学の父と呼ばれている。

こんな名言はいかがですか?新着 名言

全記事から名言をランダム表示します。人生を変える言葉との偶然の出会いがあるかも?
» 名言レコメンドのページへ

ページの先頭へ