ヴォーヴナルグの名言|死の観念は我々を欺く。それは、我々をして生きることを忘れしめるからである

死の観念は我々を欺く。それは、我々をして生きることを忘れしめるからである。

ヴォーヴナルグ の経歴

リュック・ド・クラピエ・ド・ヴォーヴナルグ。18世紀フランスのモラリスト。ロマン主義の先駆者。ルソーなどに大きな影響を与えた。南フランスの貧しい貴族の家に生まれ、18歳で軍隊に入る。ポーランド継承戦争に従軍。凍傷で退役。天然痘と貧しさに抗いながら文学の道に入る。『人間精神認識のための序論、種々の問題に関する省察、若き友への忠告、数人の詩人に関する批判的省察、散文作家に関する断章、信仰についての瞑想、祈り、箴言』31歳でこの世を去る。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

SNS(交流サイト)などでの情報発信にも力を入れていますが、まずは発信そのものよりも、それを通して「受け取る」ことの方が投資家としては重要だと考えています。人間はどうしても自分の立場や年齢、考えが近い人の情報ばかりをフィルタリングして選択するようにできている。知らず知らずのうちに視野が狭くなるのを避けるために、私はSNSを使って意図的に自分とは違う生活をしている人たちの考えを取り入れるようにしています。

大手人材紹介会社だと、どうしてもノルマがあって、求職者に転職を急がせてしまう傾向があります。私は本当に応援したい人を適職に導く仕事がしたいと思ったのです。
【覚書き|大手人材紹介会社を退職し、転職斡旋会社を立ち上げた理由について語った言葉】

記憶を定着させる基本は繰り返しです。どんな情報でも7回以上読むことで、記憶が脳に自然に定着していきます。

DDIポケットに出向を命じられたとき、憂うよりも、PHSという新しい事業に挑戦する意欲のほうが強かったですね。もともと後発の通信事業者ですから、最初から事業環境は厳しかった。もちろん私は出向の身ですから、上司にゴマでもすれば、出向元のKDDIに戻れるキャリアプランもありました。でも、PHS事業に対する愛情は誰よりも強いと思っていますし、そこで挑戦しようと腹をくくった以上、そこで頑張り抜こうと決めました。

広告や広報は、人の良いところを見いだして世の中に広く知ってもらうことです。いわば、社会や人を応援していく立場。

人は他人にとってはオオカミである。

人は任せられれば頑張ります。有能な人ほど任せると、意欲を出します。

M&Aで自社にない強みや経営資源を手に入れることは不可欠な命題。この経営判断は経営トップにしかできない。社内に専用組織を設けて担当者を就けても、結局、最後はトップ自らが判断を下さなければならない。

アメリカに居れば、圧倒的多数を占める現地メンバーや取引先の協力が不可欠であり、それには、自らアメリカ的な発想や、行動をとれることが何よりも大切です。どこへ行っても、現地の人々との関係を結びながら、目標達成のための物語を描ける。それがグローバル人材です。

当社の強みは、顧客のニッチなニーズに応えていける小回りの良さと、新製品の開発を常に続けているところ。

ページの先頭へ