カントの名言|笑いは消化を助ける

笑いは消化を助ける。胃散よりはるかに効く。

カント の経歴

イマヌエル・カント。プロイセン王国の思想家、哲学者、大学教授。ドイツ観念論の祖とされ、『純粋理性批判』『実践理性批判』『判断力批判』などの名著を残す。ケーニヒスベルク大学で教鞭をとった。近代哲学に大きな影響を与えた哲学者

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ライバルに勝つために必要なのは「差異化」。競合サービスに10個の機能があったら、自社のサービスには11個の機能を用意する。私はそれを「差別化」と呼んでいます。大事なことですが、すぐにライバルに真似されてしまう。差別化だけでなく、ライバルが真似したくてもできないことをやる。それを私は「差異化」と呼んでいて、こちらを最も重視しています。

子供たちは親世代にはわからない新しいやり方で頭の大事な部分を鍛えています。自分の世代の常識で測ってはいけません。好きなことをとことん極めさせてこそ、未来を生き抜ける人になれるのです。

職場に「笑い」を生むことも意識してください。アメリカのある研究によれば、「部下の笑いを引き出すことが上手な上司は、下手な上司に比べて3倍も生産性が高い」という結果が出ています。冗談を言ったり、とぼけた振る舞いで部下を笑わせる上司は、それだけ部下の力を引き出せるということ。

技術革新が業界の常識を変えていく。新しい技術に資金を投入し、そのユーザーの利用や購入データを分析することで新しいニーズが見えてくる。

数字で測定できないものは改善できない。たとえばあるやり方でコスト削減をすると、トレードオフで品質が低下するとします。そのときコストはどれだけ削減でき、品質はどれだけ落ちるのか、定量化してそれぞれの規模感を把握しないとそのやり方を採用すべきかどうか判断ができません。

憎らしい人の中にも必ず良いところはある。私は話をよく聞いて、相手の良い部分を探し出すのは得意です。

困難なとき、追いつめられたとき、突破口を模索し切り拓いていくには柔軟な発想がなければならない。それは常識破壊であり、経営の枠組から飛び出す経営イノベーションであり、新たな視点に立った企業家精神のたぎるニューベンチャーにほかならない。

「革新的」という意味合いで「イノベーション」という言葉がビジネスで多用され始めてきていることからも分かるように、世の中は以前より一段と斬新なアイデアを求めるようになってきています。手堅いアイデアよりも、豊かな想像力から生み出されるユニークなアイデアを考え出す必要があるわけです。

人間は自分を正当化するためなら、ありとあらゆる言い訳を思いつくもの。

正直なところベンツを扱うことができなかったら、(ナカリングループの)経営は縮小せざるを得なかったかもしれません。三菱自動車さんのお世話があって、ベンツを扱わせていただくことができました。そういうわけですから、三菱自動車さんのディーラーとしての仕事も大事なのです。お世話になったことを忘れてはいけません。

ページの先頭へ