カントの名言|我が行ないを見習えと、誰にでも言い得るよう行為せよ

我が行ないを見習えと、誰にでも言い得るよう行為せよ。

カント の経歴

イマヌエル・カント。プロイセン王国の思想家、哲学者、大学教授。ドイツ観念論の祖とされ、『純粋理性批判』『実践理性批判』『判断力批判』などの名著を残す。ケーニヒスベルク大学で教鞭をとった。近代哲学に大きな影響を与えた哲学者

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

達成力や実現力に全身全霊を投じる人は、実力者になれるものだ。

私が徹底したのは「まず与える」という姿勢。どんな夢物語でも、実際にモノを作って「まず与える」ことができれば、自然と我々の話に耳を傾けてくれる人の輪が広がっていく。

借金には「お金があってする借金」と「お金がなくてする借金」の二つがあって、前者は検討に値する場合があります。たとえば300万円の預金があって、200万円のクルマを買おうという場合、多くの人が「ローンの金利がもったいないから現金で買おう」と思います。しかし、私はその300万円は銀行に預けたまま、ローンでクルマを買うことを勧めます。なぜなら、給料が下がったり、病気をしたりするなど不測の事態が起きれば、途端に余裕がなくなるからです。そして「お金がなくてする借金」をせざるを得なくなります。「お金がなくてする借金」は、本当につらい。そうならないためにも、ローンの金利は一種の保険料だと思って、手元にある程度自由になるお金を持っておくことは必要だと思います。

私は従業員の生活は何としても安定させなければいけないと考えており、戦後はじめて賃上げ闘争があったとき、一挙に5倍引き上げを全部認めたこともある。食糧難時代には、食料確保にあらゆる努力もした。感謝と奉仕の信念で、全員が結ばれている。

「すごい」と思わせるために必要なのは、専門性です。その人がある分野における権威やスペシャリストであれば、たとえ話し方がつたないとしても、そのテーマに関する話については誰もが耳を傾けるはずです。

モノは作るだけでは売れない。メーカーは、マーケティングが前輪、研究開発が後輪の前輪駆動車たるべし。【覚書き:メーカーが成功するには何が必要かと問われた時の返答。ものづくりは売れるものを作ることが前提という誰もが知っているのに忘れがちになることを戒める言葉】

乾杯は部署で一番偉い人にお願いするのが一般的ですが、宴会日時が確定したら早めに依頼しておきます。挨拶をお願いするときには「ひと言お願いします」ではなく、「○○文字でお願いします」というように具体的な文字数や時間で伝えましょう。こうすると、時間を意識して端的な挨拶をしてくれるようになります。話が長いのは嫌われます。

データは単にためるのはコスト。使って初めて価値となる。

私が10台の車と24人の運転手でタクシー会社を始めた1960年ごろは、タクシーの運転手のマナーが悪く、お客様の方が低姿勢だったくらいでした。何とかサービスの質を上げなければならない。それにはまず挨拶をきちんとさせなければならないと考え、私は毎朝一番に出社してガレージを回り、社員一人一人に「おはよう」と声をかけました。最初は誰も返答してくれませんでした。ようやく言葉を返してくれるようになったときは、ずいぶん月日が経っていました。

優れた政治家は先を読むだけでなく、自分で先をつくっていく。

ページの先頭へ