アランの名言|真の思いやり

他人に対しても自分に対しても親切であること。人の生きるのを助け、自分自身の生きるのを助けること。これこそ真の思いやりである。

アラン(哲学者) の経歴

エミール=オーギュスト・シャルティエ。「アラン」というペンネームで知られているフランスの哲学者、教師。フランスのノルマンディー地方出身。エコール・ノルマル・シュペリウール卒業後に高校の哲学教師になる。その後、アランの名でデペーシュ・ド・ルーアン紙に哲学コラムを寄稿し続けた。46歳で第一次世界大戦に志願し従軍。その後、65歳まで教職を続けたのち、83歳で亡くなるまで執筆活動を行った。幸福についてのコラムをまとめた『幸福論』はいまなお多くの愛読者を持つ。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

合理化を進めているうちに様々な標語が社内から出てくるようになりました。ある時、「赤穂から名古屋まで」と書かれたものを目にしました。何かと聞くと、フォークリフトが工場内を1日に走る走行距離だということでした。コンサルタントというのは面白い表現でやる気を盛り上げるものだと思いましたね。「では次は赤穂から京都までに距離を縮めましょう」と鼓舞していました。それが達成できたら、みんな嬉しいですよね。一事が万事、そういう調子で合理化を進めました。

投資における大事なポイントは「下がったところでやめない」ことです。途中の下げで狼狽売りをしないためには、損失を一定以上に大きくしないことです。そのための手法が分散投資なのです。世界的にマーケットがクラッシュしても資産を分配していれば、なんとか修復できます。

マナーが身についている人ほど仕事でも成果を出しやすいはずです。マナーとは、人に不快感を与えないこと、つまり相手への気配りです。気を配れる人は、相手が気持ちよく仕事ができる配慮も得意。相手から協力を得られやすく、成果も出しやすくなります。

失敗したときは、他人の意見を優先させなさい。失敗したのは、自分の考えで失敗したのですから。

我々は日本の顧客に鍛えられて競争力を高めてきた。先輩の経営者にならって、日本経済全体の利益をよく考えて経営したい。

何より重要なのは、対上司であれ対部下であれ、「まずは相手の意見を聴く姿勢を示す」ということ。とくに、部下が上司と良い関係を築きたいと思っているなら、普段から「相談する姿勢」を見せることが大事です。「この問題を解決するには私だけでは力不足なので、ぜひお力を貸していただけませんか?」と頼られれば、上司も悪い気はしないものです。

副業では、夢のあることに挑戦し、将来のキャリアにつなげてほしい。

いいか、ここまでやってこれたのはお前一人の力じゃないんだぞ。うぬぼれるな。

「自分にはツールがない。ツールを身につけないと大変なことになるぞ」これが、私が入社して最初に痛感したことです。それなりに自信もありましたが、実際に入社してみると、朝から晩まで失敗の連続です。書類の清書を任されると、自分ではちゃんと書いたつもりなのに、いくつもミスが見つかる。英語の議事録を書けば、こんなものは使えないと投げ返される。海外の取引先宛の社長のレターを私が清書したら、投函したあとにカンマとピリオドが間違っていたことが発覚し、羽田空港まで運ばれていたレターを取り返しに行ったこともありました。

仕事でも勉強でも、完璧な計画を立ててから取り組もうとする人がいますが、それは、はっきりいって無理です。完璧な計画などは存在しません。

ページの先頭へ