高岡浩三の名言|ヒット商品作りの秘訣

ヒット商品作りの秘訣とは、解決すべき問題を探すこと。それを見つける経営の視点こそが全て。

高岡浩三 の経歴

高岡浩三、たかおか・こうぞう。日本の経営者。ネスレ日本社長。大阪出身。神戸大学経済学部卒業後、ネスレ日本に入社。乳幼児栄養食品事業プロジェクトリーダー、ココア・ミルク&ニュートリションビジネスユニットマネジャー、子会社の製菓会社ネスレコンフェクショナリー(のちにネスレ日本に吸収)プロジェクトディレクター、同社マーケティング本部長、同社社長、ネスレ日本副社長飲料事業本部長などを経て、ネスレ日本社長兼CEO(最高経営責任者)に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人を熱烈に動かそうと思ったら、相手の言い分を熱心に聞かなければならない。

デール・カーネギーの名言|人を動かすには


カルビーの商品は確かにおいしい。でも、ただおいしいからというだけで売れるということは、絶対にありません。そこを勘違いしてはいけません。あれだけたくさんの商品が店頭に並んでいるなかで、お客様が買っていかれるのは、せいぜい1個か2個にすぎないのです。

松本晃の名言|おいしいからというだけで売れるということは絶対にない


我々の最優先事項はホンダブランドを強くすることに尽きます。横着して別ブランドを掲げる前に、少し薄れかけてきたホンダブランドを、若い人が飛びつくような魅力的なブランドに磨いていく必要があります。そこに集中しないと、うちの体力は持たない。

伊東孝紳の名言|新しいブランド立ち上げよりも、既存ブランドの強化を


夕方から練習があるし、僕には時間がない。無駄なことはしません。だいたい僕、努力が嫌いなんです(笑)。練習にしても、最低限の練習で結果を出したいから工夫するんです。
【覚書き|現役選手として活動しながら、サントリーの営業としてトップセールスを記録していた理由を問われての言葉。氏は担当する店舗すべてを回らず、成績の良い上位数店舗に集中し売上を伸ばす活動でトップセールスを達成していた】

清宮克幸の名言・格言|最低限の労力で結果を出すことを考える


北海道でお菓子を製造・販売していると、コップの容量(市場規模)に限りがあることに気づかされます。右肩上がりの業績が先々まで続くことは考えられません。そのため当社に売上目標やノルマはありません。

小田豊の名言|自社の市場規模を考えた戦略を


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ