ピーター・ドラッカーの名言|予期せぬ成功がイノベーションにつながる

予期せぬ成功がイノベーションにつながる。

ピーター・ドラッカー の経歴

ピーター・ドラッカー。米国の経営学者。マネジメント研究の第一人者。日本では死後もなお、経営者に高い人気を誇っている。オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系で、ナチスからの迫害を恐れイギリスを経てアメリカへ移住。イギリス時代にケインズの講義を直接受けている。父はウィーン大学教授のアドルフ・ドラッカー

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

時間を上手に使うために必要なのは、まず「自分は何をやりたいか」をはっきりさせることですね。いくら時間を捻出したところで、その時間で何をやりたいかが決まらないと、時間密度を高めることは不可能です。

吉田穂波の名言|時間を上手に使うための前提


これからの時代、グローバル化が一段と進み、人生の選択肢も広がるでしょう。その時に備え、日本の因習にとらわれず、まずは自分を磨くことが大切。

土橋章宏の名言|自分を磨くことが大切


道徳とは、人間の真心から出ている。こうすればお互いに仲良くいく、ということを真心から考えるというのが、道徳だ。道徳があって、はじめて世界の平和も人類の福祉もある。

出光佐三の名言|道徳があって、はじめて世界の平和も人類の福祉もある


会社の経営も家計のやりくりと全く同じことです。収入が減ったら、支出を減らせばいい。そうすれば、赤字になることは考えられません。それなのに赤字になるのは、支出を変えないからです。

永守重信の名言|会社の経営も家計のやりくりと全く同じ


感じていたのは、売れるには一個の代表作「ナイツはこれ」というのがないとダメだな、と。悩みながら、自分たちの漫才のビデオを見返していたら、すごくウケている時は、だいたい小ボケだったんですよ。例えば、「お足元の臭い中、ようこそお越しくださいました」というツカミはウケるけど、その後の漫才はあんまりいまいち、とか。もしかして僕らは、小ボケとその処理という感じでテンポよくツッコむ形。それが一番ウケやすいんじゃないかなと。それで小ボケが連続するネタを作ってみたんです。ネタ見せの段階で、マネージャーさんから「漫才の基本は起承転結。小ボケばっかりのネタは良くないんじゃないか」と言われたんですよ。でも、自信があったので、忠告を無視してやったら、すごいウケて。その手応えのままネタを作り続け、翌年のM-1では初めて決勝に進出したんです。

塙宣之の名言|売れるには代表作がないとダメ


私の場合は、会社の中で「これをやってきた」と誇れるものを作ってきました。ビジネスとしてこれをやって、世の中にこういう影響を与えた、と言えるような実績です。それを作るまでは転職はしない。そのために必要な時間は、人によって3年、5年と異なるでしょう。

木暮太一の名言|会社の中で「これをやってきた」と誇れるものをつくることが大切


怠けていて、外で「総理を目指す」などと言うとは恥ずかしくないか。勉強、勉強を積んだうえでモノを言え。

田中角栄の名言|勉強を積んだうえでモノを言え


専門的な研究を面白おかしく伝えるのが芸人としての役目だと思っているので、とっかかりとして「どうでもいいよ!」と突っ込ませてもらっています。でも馬鹿にする感じにはしたくない。こちら側に身を置いて、向こう側にいる人を笑いものにするのではなく、読者と一緒に向こう側を覗いてみよう、そこには思いもよらない景色があるかもしれないよ、というのが本書(『ヘンな論文』)のスタンスです。

サンキュータツオの名言|読者と一緒に向こう側を覗いてみようというスタンス


すべての面で首位にこだわる。社内のマインドを高く維持するためにもナンバーワンへのこだわりは必要。

筒井義信の名言|すべての面で首位にこだわる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ