藤田田の名言 格言|無欲なふりをしないで儲けられるだけ儲けろ

このエントリーをはてなブックマークに追加

世間から後ろ指を指されないようにし、悟ったような顔をしながら、内心では「ああもっと儲けられるのになぁ」と歯ぎしりしているのが、日本のビジネスマンである。儲けられるだけ儲ける。私のこのビジネス哲学はユダヤの商法から発している。


藤田田 の経歴

藤田田、ふじた・でん。日本の経営者。日本マクドナルド創業者。東京大学法学部在学中に貿易会社藤田商店を創立。宝石やそのほかの物品を輸入販売し大きな利益を生む。その後、日本マクドナルドを創業。12年で外食産業売上高日本一を達成。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

自分の力以上のことをやると、破滅を招いてしまう。経営面でいえば、自分たちの力を十分見極め、無理に背伸びをしないことが肝心だということです。これが私の経営観であり、人生訓になっています。

ベンチャーといえば聞こえはいいですが、中小企業ですから、自分たちで大きな広告宣伝をしたり、投資するというのは難しいですよね。でも、その部分はパートナーである通信事業者がやってくれて、自分たちはユーザーが喜ぶようなコンテンツ作りに専念していけば、結局レベニューシェア(※)という形で自分たちにも収益が入ってくる。そこがこのビジネスモデルの素晴らしいところだと思います。【覚書|※レベニュー・シェアとは、パートナーとして提携しリスクを共有しながら、相互の協力で生み出した利益をあらかじめ決めておいた配分率でシェアすること。】

金を増やすだけで減らさぬのを世間ではやっかむのかもしれぬが、実は自分は少しでも増やし、少しでも多くし、それをできるだけ効果的に使おうと苦心しているのであって、いまにして金儲けがやめられぬのも、その志が大きいからである。

通販専業者はすでに紙メディアやテレビショッピングといったロジスティック(物流システム)のノウハウを持っています。それに対抗するには、インターネットや携帯になんとなくお店を開いて商品を並べれば売れるというわけにはいきません。

人はインスピレーションを外に求める。しかし私は、内に求める。自分が今やっている仕事の可能性をとことん追求して、改良を加えていくと、想像もつかないような大きな革新を図ることができる。創造というのは、意識を集中し、潜在意識を働かせて深く考え続けるという苦しみの中から、ようやく生まれ出るものだ。決して単なる思いつきや生半可な考えから得られるものではない。

何事も平素にあり、という言葉の中には無限の意味が込められている。日常の心がけ、行動の積み上げ、あるいは人間関係といった、私たちが生きていくうえで大切な規範が、すべてこの言葉の後に結ばれるのである。中でも人間関係はすべからく「在平素(平素にあり)」である。自分が困っているときにだけ、友人知人に援助を求めても、手を差し伸べるものは少ないであろう。普段の行動と離反したことを言う経営者には社員はついてこない。

リスクがないところには、チャンスがない。チャンスがあるところには、必ずリスクがあると言ってもいい。もちろん、リスクヘッジ(危機回避)について考えなければいけないのですが、いつも石橋を叩いてばかりいて渡らないのでは、展望は開けないのです。

ページの先頭へ