高田旭人の名言|常にチャレンジ精神を持ち続けてタイミングを逃さないように

常にチャレンジ精神を持ち続けてタイミングを逃さないようにと思っています。

高田旭人 の経歴

高田旭人、たかた・あきと。日本の経営者。「ジャパネットたかた」社長。長崎県出身。東京大学卒業後、野村證券を経て家業のジャパネットに入社。販売推進統括本部長、商品開発推進本部長、総合顧客コンタクト本部長、商品管理部長、ジャパネットコミュニケーションズ社長、ジャパネットたかた副社長などを経て社長に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

再チャレンジを恐れず、他社から欲しいと思われる社員になれ。

チャレンジしなければ失敗や損をする確率は少ないですが、新しい時代を担うことはできない。

チャレンジすることこそが人生の成功を決める。

独自の文化や思想を継続しつつ、様々なチャレンジをしていきたい。会社にその思いは植え付けられています。

私は、無理だと言われると逆にチャンスだと捉えます。無理を無理とせず、チャレンジを重ねていきたい。

まずは視点を変え、挑戦する価値があるかどうかを考える。そして、自分の中で6から7割、実現できる可能性が出てきたら挑戦する。

何かにチャレンジする精神的なハードルをいかに低くするかが、成功確率を上げる決め手になる。

困難な課題であっても、まずはチャレンジすることが大切です。恐れていては何もできません。実行あるのみです。

今まで日本人が考えもしなかったもの、日本人の精神風土にはなかったものに、私はあえて挑戦し続けてきた。ユダヤという言葉の持つイメージが、日本人好みではないことは承知している。しかし、マクドナルドが成長し、私の著書の信奉者が増えるにつれ、私の商売上の教えを請おうとするものが後を絶たなくなったのも事実である。もう一度言おう。ビジネスは勝てば官軍である。勝つこと、つまり儲け続けることが企業の命題であり、資本主義の原則なのである。

競争を回避したり、新しく出て来るフレッシュなチャレンジャーや新たなアイデアに背を向けた途端に、社会のニーズと離れていく。

ページの先頭へ