高田旭人の名言|常にチャレンジ精神を持ち続けてタイミングを逃さないように

常にチャレンジ精神を持ち続けてタイミングを逃さないようにと思っています。

高田旭人 の経歴

高田旭人、たかた・あきと。日本の経営者。「ジャパネットたかた」社長。長崎県出身。東京大学卒業後、野村證券を経て家業のジャパネットに入社。販売推進統括本部長、商品開発推進本部長、総合顧客コンタクト本部長、商品管理部長、ジャパネットコミュニケーションズ社長、ジャパネットたかた副社長などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

外資系の投資銀行と比べれば、当社は部署や個の力では劣るかもしれませんが、チームプレーで戦えば間違いなく勝てる。

後から来たカエルが前のカエルに乗って、最後に追い越してしまう「リープフロッグ現象」というのがあるでしょう。日本はこのままだと追い越されると思います。その前に私たちは前進のための種を蒔かなくてはいけません。

上司の指示に戦略的に従うとしても、自分の物差しだけはたえず磨き続けることが重要です。誰でも最初は自分らしく働く気持ちを持っています。しかし、上司の物差しに合わせて仕事をしていくうちに、多くの人が自分に羽があったことを忘れ、いつしかペンギンのようにヨチヨチ歩くだけになってしまいます。やるべき仕事を徹底的にこなしつつ、自分の物差しを持ち続ける。そのためにも、「この仕事は自分の人生にどのような意味を持つのか」と自分に問い続けることが大切です。

ハードの価格競争だとか、ソフトをおまけにつけてまで、ハードを売ったら勝ちだとか、そんな発想は通用しない。ハードウェアをいくら広げてもだめなんです。ソフトがそれにスライドして、ついてこないとだめなんです。そんな戦い方はハード体質の戦い方であって、本来のソフト化路線とは違うからだめです。

下鉄の駅に貼ってあるポスターをみていたら、8割が僕の作品だったこともあります。大きな仕事は次々と舞い込んでくるし、預金通帳の残高は日に日に膨らむ。さらに、賞までもらえる。それなのに、心は満たされず、身体もボロボロ。もともと僕は、デザインによって社会をよりよくしたいと思って、この世界に入ったんです。それなのに、当時はその頃の志を完全に忘れ、与えられる仕事をただやっているだけでした。「ここは、僕が若いときに目指した場所ではない。早く抜け出さなくては」。そう気づいた僕は、20人いた事務所を畳み、1人で出直すことにしました。その結果、仕事も収入も激減しましたけど、ご飯はおいしく食べられるようになったんです。

簡単に言えば、好きこそものの上手なれです。好きでいられれば何とかなる、というふうに思うしかない。要するに人よりも好きかどうか。

野村への期待を超えるソリューションを提供することで、信頼のブランドを築いていく。たとえば、相続や事業承継については「野村資産承継研究所」を設立し、税務や法律などの専門家と協力してコンサルティングを行っている。また、今年4月には高齢者対応の専門チーム「ハートフル・パートナー」を立ち上げた高齢のお客様やご家族の悩みに寄り添う体制を全国に展開していく。

政府が若者の失業を減らすためにやるべきことは2つあります。ひとつは規制緩和です。スペインが典型的ですが、労働市場が規制に守られ硬直的だと、いったん雇い入れた労働者を解雇できず、若者が新規採用されない。そうならないために、雇用規制を緩和する必要があります。もうひとつはシグナリングといって、今後、どんな仕事の需要が増えそうか、という情報を若者に与えることです。

私は社長に就任したとき、「ミーティングは30分以内」というルールを作った。同時に、「説明用の資料は3枚以上持ってこないように」とも伝えた。要点を絞って簡潔に説明すれば、今まで1時間以上かかっていたミーティングが10分や15分で終わることもある。これが「生産性の高い仕事」だ。

全従業員に「継続は力だよ」と繰り返し言っています。継続することが力。逆に言うと、継続しなかったら力にならない。

ページの先頭へ