高田旭人の名言|常にチャレンジ精神を持ち続けてタイミングを逃さないように

このエントリーをはてなブックマークに追加

常にチャレンジ精神を持ち続けてタイミングを逃さないようにと思っています。


高田旭人 の経歴

高田旭人、たかた・あきと。日本の経営者。「ジャパネットたかた」社長。長崎県出身。東京大学卒業後、野村證券を経て家業のジャパネットに入社。販売推進統括本部長、商品開発推進本部長、総合顧客コンタクト本部長、商品管理部長、ジャパネットコミュニケーションズ社長、ジャパネットたかた副社長などを経て社長に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ベストを尽くすことが要求され、ベストを尽くしても失敗する可能性があるとき、それは挑戦になる。そして挑戦すれば、何かが得られる。自分の力を他人に証明するだけではなく、自分自身に証明するチャンスが与えられるのだ。リスクの大きい選択をすれば、自分をより深く知ることができる。そして、共に戦う人のことも。

チャレンジしない人生は、意味がない。
チャレンジしない企業も、意味がない。

誰にもできない技術とノウハウがあれば、自分を安く売ることもないじゃないか。たとえば衛星通信地上局システムに用いる導波管を手掛けたのは、30年以上も前で、導波管なんて一般に知られていなかったけれど、俺は誰にもできないことをやるのが好きなんだ。どこかでやっているものはやりたくない。

市場の活性化のためには、あえてリスクを背負い、チャレンジする人材がなくてはなりません。

何かにチャレンジする精神的なハードルをいかに低くするかが、成功確率を上げる決め手になる。

競争を回避したり、新しく出て来るフレッシュなチャレンジャーや新たなアイデアに背を向けた途端に、社会のニーズと離れていく。

チャレンジ精神がなければ人生つまらない。良い人生だと思って死ぬためには、チャレンジ精神は欠かせない。

ページの先頭へ