ジェイ・エイブラハムの名言|きちんと働いている人が結果を出せない場合、その人の問題ではなくシステムに問題がある

このエントリーをはてなブックマークに追加

きちんと働いている人が結果を出せない場合、その人の問題ではなくシステムに問題がある。


ジェイ・エイブラハム の経歴

ジェイ・エイブラハム。アメリカのマーケティングコンサルタント。「USAトゥデイ」「ニューヨークタイムス」「ワシントンポスト」をはじめ、多くのメディアから高い評価を得て「マーケティングの天才」と評された人物。著書の『ハイパワーマーケティング』はビジネス書の大ベストセラー&ロングセラーとなっている。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

自信が持てないから、人の意見に左右されてしまったり、ないものねだりをして、自分を卑下してしてしまいます。でも、ちょっと振り返ってみれば、自分の可能性を信じることができるはずです。去年の私より、半年前の私。半年前の私より昨日の私。そう考えると、誰でも少しずつ成長しているはずです。

自信が伝わらなきゃダメ。資料で絵を大きく描くのも、自信を示したいからです。「こんなにでかくしてる。自信あるな」って伝わる。オドオドしながら提案されたプランなんて、受け入れてくれないでしょう。

人間にとって大事なのは、現実を素直に見て、それを認める勇気である。

新聞記者時代、どんな異動になっても、僕は処遇について文句を言ったことがないんですよ。それは好奇心が強くて、何の仕事に対してもすぐに面白さを見つけてしまう性格だから。

ミドルマネジメント層がやってしまいがちなことですが、「これ、やっといて」と急に指示されたら、部下だって「この忙しいときに急に仕事を振られても困りますよ」と言い返したくなるでしょう。その際に、「いいからやれ」「上から言ってきたことだ」としか返せなかったとしたら最悪です。それではただの伝書鳩です。管理職がいる必要はないですね。

行き当たりばったりな性格なので、何かが急に舞い込んできて決まってしまったとしたら、それが今の僕がやるのに一番いいタイミングなんだろうって思っちゃうんです。

たんにサービスを手がけるだけでなく、もう少しでもお客さんにしてあげられることはないかと考える。この「もう少しでも」の姿勢が、サプライズにつながるんだと思います。

ページの先頭へ