ジェイ・エイブラハムの名言|進む方向が同じでなければ、目的も情熱も分かち合えない

このエントリーをはてなブックマークに追加

進む方向が同じでなければ、目的も情熱も分かち合えない。


ジェイ・エイブラハム の経歴

ジェイ・エイブラハム。アメリカのマーケティングコンサルタント。「USAトゥデイ」「ニューヨークタイムス」「ワシントンポスト」をはじめ、多くのメディアから高い評価を得て「マーケティングの天才」と評された人物。著書の『ハイパワーマーケティング』はビジネス書の大ベストセラー&ロングセラーとなっている。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私は指導の際、オリジナルのシートを使って、1日1日のタイムスケジュールを前日の夜寝るまでにつくるように教えています。そして、朝からそれに真剣に取り組み、夜には振り返ることが大切です。ただその際、できなかったことがあっても、落ち込まず、「もう一度やり直せるならどうするか」と前向きに反省することが大切です。こうして、「未来を決め、いまに生き、過去を流す」行動を続けることで、次第に仕事や生き方が向上していくのです。

会社全体の売上が上がっているからといって、安心してはいけません。弊社の場合、全国48局のうち、M&Aによって新たにグループ化した局と、以前からある既存局とは当然状況が違います。細かく見ていくと、調子がいい局とそうでない局があり、その原因も様々です。全体だけでなく、部分もキッチリと見たうえで、必要な策を講じることが経営には求められます。

私たちは居酒屋業界のサイゼリヤを目指します。居酒屋だけが仕込み作業にこだわっていますが、ファミレスとかファストフードには、開店も閉店も休憩もありません。

忘れてならないのは、ヨットは向かい風でも前に走るということである。風を読み、何枚かの帆を巧みに調節することによって、どんな向かい風の中でも前に進むことができるのだ。

グローバル社会で大事なのは、「BATNA(バトナ。交渉相手から提示されたオプション以外で、最も望ましい代替案)」。これを用意しておかないと、グローバル社会では勝負にならない。「私はあなたと信頼関係を築いて仕事をしたいけれども、あなたがもし裏切ったら私は他の相手と取引します」と相手に言えるスタンスを持たなくてはならない。BATNAを用意して、必要があれば交渉でちらつかせる。これを実践するだけで、日本人の交渉力は格段に上がる。

日本製でモノがいいのは当たり前。最近はモノに付随する伝統などの「コト」の部分に加え、日本でも中国でも「心」の部分を欲しがる人が増えていて、うちの職人がどんな気持ちでこの製品をつくったのかを聞きたいというお客様もいるのです。

日本の技術が素晴らしいのは誰もが認めるところだが、日本は純粋な技術の追究にこだわりすぎ、それをどう商品に応用するのがビジネスとして有効であるかを考えることを疎かにしていた。

ページの先頭へ