藤田田の名言 格言|5千年生き延びた民族の知恵

このエントリーをはてなブックマークに追加

ロスチャイルドに代表されるように、ユダヤ人は世界経済の頂点に立ち、経済社会を意のままに牛耳っている。経済だけでなく、政治や文化のジャンルでも彼らの力は大きい。当然ユダヤ人に対する反目も強い。しかし、五千年の歴史を持つ彼らの生き方の前では、ほかの民族はまったく歯が立たないのである。


藤田田 の経歴

藤田田、ふじた・でん。日本の経営者。日本マクドナルド創業者。東京大学法学部在学中に貿易会社藤田商店を創立。宝石やそのほかの物品を輸入販売し大きな利益を生む。その後、日本マクドナルドを創業。12年で外食産業売上高日本一を達成。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

噂のもとを作るのが僕の仕事なんです。さびれているところには誰も取材になんか来ない。さびれている所が華やかになるから人は来るんです。(鬼怒川の創業100年以上の老舗旅館「あさやホテル」を再生したとき)鬼怒川らしいことをしようと考えたんです。鬼怒川で東京のシティホテルのまねをすることも、京都の雅の旅館のまねをすることもない。コンセプトとして使ったのが鬼怒川の「鬼」。人間を守ってくれる福鬼・吉鬼を墨で描いてたくさん飾ったんです。人がそれを見て「鬼がいたよ、なかなかおもしろいね」とささやいてくれれば噂になる。

我々の初期のビジネスモデルでは、月400万円売上たら儲かる仕組みだったんです。それが月1000万円を突破した。当時は一店舗オープンするのに1200万円程度必要だったんです。つまり、一か月の売り上げで一つお店ができちゃうわけです。【覚書|テレビCMをはじめて打ったころについての発言】

お客様の「おいしかった」という言葉は総合点。食事だけの評価ではないと思っています。カシータでは、もっと広い意味でお客様の快適さを追求したレストランを目指しているんです。居心地の良さを作るのは、ハードだけではないと思うんです。人は人によってのみ癒される。人の力によってできる空間、居心地の良さってあると思うんです。

自動車を作るというのは大変なことだと思う。同じモノづくりでも、家電とは全く違う世界だ。なぜなら自動車は一度作り始めると、4年か5年は同じものを作り続けなければならないからね。試作して走らせて、問題点を改善していく作業には、ものすごい時間を要する。その余裕がなければ、自動車は作れないし、その実績のもとに、走る、止まる、曲がるという基本が蓄積される。そうでなきゃ100%安全な車は作れない。

(アメリカのM&Aのイメージでは)「血族に事業のリーダーを引き継がせてもその後継者に能力とやる気がなければ本人も従業員もみんなが不幸になってしまう。それなら意欲に燃える経営能力の高い別企業に任せた方がいい」という考え方です。

競争相手と差をつけるには人と違ったことを考えるということですよね。そしてもっと重要なことはそれを実行すると言うことなんですね。99%の人は、自分で他の人と違うことを考えているつもり。でも考えられてない。で、1%の人も考えていてもそれを実行しない。それでは起業は上手くいかないと思います。

日本の空の下にこれだけボロ儲けできる業界があることを知って、正直言うと、極めて不愉快に感じた。(覚書き|証券業界に入ったとき、大蔵省と野村証券をトップとした護送船団方式を見て発した言葉。横並びと低競争でぼろもうけしていた当時の証券業界を批判した言葉。この後、顧客目線に立った松井証券改革に取り組む)

ページの先頭へ