スティーブ・ジョブズの名言|人は見せてもらうまで、何が欲しいかわからないものだ

このエントリーをはてなブックマークに追加

人は見せてもらうまで、何が欲しいかわからないものだ。


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

社員の中で成果を上げるのは、やはり自己管理のできる人です。まず大事なのは自己管理をする気のある人材を採ることです。

人間存在は、何よりもまず、まったくの無なのだ。

収益を挙げることも大切ですが、ビジネスにおける偉大な作品というのは、会社の利益が社会の利益になるものではないでしょうか。

高級珍味を買われる方は、ただ美味しいだけでなく、それを手に入れることによって得られる驚きや喜びを大切にされます。「モノ」以上に「コト(=体験)」を重視して消費者心理に働きかける「コトPOP」は、珍味を販売するうえで重要な武器となります。

兜町は栄枯盛衰の最も激しい町である。私の旧主家の半田庸太郎商店も、暴落の打撃を受けて、大正3年の春、廃業のやむなきに至った。もう3か月頑張っていたら、欧州大戦に際会して、好機をつかむことができたかもしれない。それにしても、人間というものは、こんなに脆く参ってしまうものであろうか。半田さんの寂しい晩年を見て、私は幾多の教訓を得た。

命を捨ててしまえば、この世のほかに世界はない。

時代の移り変わりや経営の新陳代謝に関わらず、常に新しい挑戦で新しい成果を加えるガバナンスを実施したいと考えています。営業エリアが拡大し、オーナー様の高齢化や直面している問題も多様化しています。そうした変化に対応しながらサービス内容を刷新し、オーナー様と入居者様、双方の満足を向上させ続ける企業が目指すところです。

ページの先頭へ