スティーブ・ジョブズの名言|人は見せてもらうまで、何が欲しいかわからないものだ

人は見せてもらうまで、何が欲しいかわからないものだ。

スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

何か重要なプロジェクトを任せる時、熱心に仕事をする人と賢い人、どちらに任せるか。答えは熱心な人だ。

企業はいま、チャレンジしない人材を必要としない。リスクがあっても新しいことに挑む姿勢が大事。それだけで、何もしない人より、自分の評価は上がる。

退却には攻撃の10倍の勇気がいる。退却の決断はトップしかできない。退却ではボコボコに非難される、やられる、恥ずかしい。これに耐える勇気がないと、もう戦えなくなる。

技術者として入社後すぐの失敗が教訓として心に残っています。初めて担当した現場は研究施設ビルでした。完成間際となり建設用の足場を取り除くと、西日が照り付けた壁面がわずかに波打っていました。すると、それを見た当時の部長が、「これは清水建設の仕事ではない。やり直せ」と大激怒。結局、足場を組み直し塗装作業をやり直すことになりました。品質に対する基本姿勢を学ぶ機会となりました。

憂えたり、楽しんだり、気分の変化の原因は自分にあるのであって、物にあるのではない。

経営者は若いエンジニアに自由に研究をさせるために、彼らを尊重し、信頼しなければなりません。経営者にとってはリスクを取ることでもありますが、絶対に必要なことです。

価格競争に陥らないように、今後、付加価値の低いものはやめる。付加価値の高いものに産業転換をしていく。同時に省人化、無人化をしていってコストを下げていく。この2つの流れを作っていきたい。

会社勤めをしていると、いつも同じ人と同じ店で同じ酒を飲んでいる、ということになりがちです。でも、それでは景色が変わらない。違いについて考えることもないから、進歩もしない。だから酒を飲むにしても、毎回違う顔ぶれで、入ったことのない店に行くほうがいいんですよ。

社員に「グローバルマインドを持て!」というのはたやすい。だがそれには、日本の伝統と諸外国の文化・慣習を理解しなければならない。コミュニケーションのための語学力はもとより、総合的な教養も必要になってくる。欧米の、ビジネスマンに比べて、日本人は、この部分が弱い。しかし、商売の話だけでなく、相互の信頼関係を生むのは、そうした人間的な魅力にほかならない。

現在売上高はほとんど自動車関連だが、一極集中体制では会社として成長は見込めない。物流も大きな事業に育て、複数本の事業の柱を作っていく。

新しい人生に入っていくのを恐れてはなりません。崇高なことを成し遂げようとすると必ずリスクがともないます。リスクを負うのを恐れる者は、崇高なことを成し遂げようと期待してはなりません。

偶然が重なって、思いがけず話が進んでいったのは、脚本家の三谷幸喜さんとの出会いですね。私はずっとファンで、舞台も映画も観ていたし、エッセイも読んでいました。テレビ雑誌の対談で「誰か会いたい人は?」と聞かれて、真っ先に挙げたのが三谷さん。それで対談が実現しました。

私は週2・3回、朝6時15分から7時まで会社近くにあるフィットネスクラブでトレーニングをしています。これで精神面ではストレス解消になると共に、フィジカルな面でも体力アップが図れています。トレーニングはそれほど激しいものはしません。無理をせず継続することが大事です。

ページの先頭へ