スティーブ・ジョブズの名言|人は見せてもらうまで、何が欲しいかわからないものだ

このエントリーをはてなブックマークに追加

人は見せてもらうまで、何が欲しいかわからないものだ。


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

仮説を立て、試行錯誤をし、仮説がどれだけズレているかを検証・修正した方が、ずっと早くゴールにたどり着ける。

チャンスは備えあるところに訪れる。

キャリアのために海外駐在を希望するような人は大成しません。言葉を学び、文化を知るとは、赴任先を好きになるということ。そうでなければ、仕事になりません。社内でのキャリアを考えて、海外赴任を希望するような人はお断りです。

すべてを一人で克服することは、強くてカッコ良いようでいて、見方を変えれば、「他者を必要としない生き方」とも言える。それよりも、他人に支えられ、他者を必要として生きていくほうが、「豊かで良い人生だった」と思えるのではないか。少なくとも、私はそう考えています。

私は、個人では何の力もないのに、組織をつくって、権力をかさにきて、うまい汁を吸っている人たちが許せない。いま、証券の世界で、その嫌悪感をぶつけているだけなんです。消費者を無視した、供給者側の都合で築き上げられたこの世界を、どんどん変えていきますよ。これからが、本当の競争の幕開けなのです。証券の世界はもっともっと変わりますよ。

小辱を甘んじて大道を捨つるは狂するに似たり。

欺瞞や騙しのある営業をしていると、一時的には成功しても必ず自らに跳ね返ってきます。

一人の人格から全部を学ぶのは無理です。Aさんの電話応対、Bさんの接客、Cさんの謝り方……と、周囲に師はいくらでもいます。最強のロールモデル(お手本)を自分でつくってください。

「活力」と「健全さ」両方を高めていくことが、企業や経営者には求められる。例えば経営者が自社の存続・発展のために力を尽くすことは活力であり、利益を確保するための不正な取引や粉飾決算などをしないことは健全さです。

国内の運用会社は、我々にとってはライバルでもあり顧客でもあります。と言うのは、国内の運用会社などではあまり運用していない金融商品があるからです。例えば米国が中心のバンクローンなどがそれにあたります。こういった商品は、国内の運用会社では運用が難しいので、運用能力を持つ当社に運用委託するのです。対販売会社という点では国内運用会社は手強いライバルですが、一方で運用商品によっては当社の顧客にもなり得るのです。

ページの先頭へ