スティーブ・ジョブズの名言|人は見せてもらうまで、何が欲しいかわからないものだ

このエントリーをはてなブックマークに追加

人は見せてもらうまで、何が欲しいかわからないものだ。


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「こうあるべき」という思い込みが強い人ほど、現実とのギャップに苦しむことになります。まずはそんな「マスト思考」を捨てることから始めましょう。

成功する確率が高い人と、何度チャンスを与えてもダメな人の違いは、結果を出すことに対する執念です。結果を出す人というのは、絶対に諦めない。そして、泥臭くても何でも、なんとか目標を達成するんです。かたや結果を出せない人は、諦めが早い。そして、「○○のせいで」「結果ばかりでなく、プロセスも見てください」などと、目標を達成できなかった言い訳をあれこれするのです。

朝は1日の始まりであり、昨夜の続きです。昨夜というのは前日の退社前から始まります。仕事が終わってパソコンの電源を落とす前に、明日の準備のために5分間だけ時間をとることが大切です。

企業として現在続けている意義の高い仕事において業界の一強、トップ企業になることが発展につながります。

努力をしたら報われる社会でなくては新しいビジネスも出てこない。

幼少時代から展覧会や美術館に展示される作品よりも、人の生活を楽しくするモノづくりに携わりたいと思っていました。

成長を続ける人たちのネットワークの中にいると、みんなの成長がスピードアップする。

ページの先頭へ