ジェイ・エイブラハムの名言|相手に伝わらなければ、いかによいメッセージでも価値がない

相手に伝わらなければ、いかによいメッセージでも価値がない。

ジェイ・エイブラハム の経歴

ジェイ・エイブラハム。アメリカのマーケティングコンサルタント。「USAトゥデイ」「ニューヨークタイムス」「ワシントンポスト」をはじめ、多くのメディアから高い評価を得て「マーケティングの天才」と評された人物。著書の『ハイパワーマーケティング』はビジネス書の大ベストセラー&ロングセラーとなっている。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

何より重要なのは地道な努力の積み重ね。

プロなら、たとえ多少の熱があってもパフォーマンスを上げなければなりません。私も学生時代はやる気に大きなムラがありましたが、それは周囲に甘えていたからだと思います。

契約している畑の状態は1度や2度視察するだけでなく、長年にわたり把握し、農薬の浸透を防ぐために、提携している畑に隣接する畑がどんな状態なのかも調べています。

世の中にはゴールドカードやプラチナカードなど、グレードは高いけれど年会費も高いというプレミアムカードが数多く発行されています。では、その中に本当にお客様に満足を提供できるカードがあるのか、実はずっと疑問に思っていたのです。

景気うんぬんじゃないんです。世の中に課題がある限り、それを裏返せば事業機会があるということですから。我々は努力して、社会の課題解決に尽力していくべきなのです。

現場を知っていることと、未来をつくることは違います。現場を知っていて、その範囲の中でものごとを回しているのと、この中から次にどんなことがやれるかと思考を飛躍させることとは異なります。後者のためには「勉強」だけであんく「研究」も大切です。何が本質的な問題なのか把握するには、やはり研究が必要になってくるのです。新しいものは、その研究の中から生まれてきます。

日本の人口が減るからアジア市場に出ないといけないという消極的な意味ではない。我々の場合、むしろ積極的で、そこに新たな巨大マーケットがあるのだから、日本企業としてやらないでどうするんだと。暗い話ではなくて、新しいホライズン(地平線)が出てきているということです。

弁護士としてロジカルに考え、しかし、仕事に対してはパッション(情熱)を持って行動してほしい。

ココイチでは全国統一の店舗評価基準によって店舗を8段階に分けて評価しています。マニュアルをきちんと実践できているかどうかが主な基準ですが、実は最も評価の高いAランクの店(モデル店)は、ここ数年でていません。次に良いBaランクの店(優良店)も月に1~2店出る程度で、それもたいていは長続きせずに翌月にはBb店(標準店)になることが多いものです。なぜ太鼓判を押せる店舗が少ないかというと、それだけ求めるレベルが高いからです。意図的に高くしているつもりはないのですが、お客様の視点で求めるレベルを設定すると、どうしてもそうなってしまうのです。

初めて中央から田舎に帰るということは大きな重荷、すなわち田舎化と戦うという極めて厄介な重荷を背負うことだということがわかった。まず私はこの戦いに勝たなければならない。どうして勝つか、いろいろと考えてみた結果、そうだ、常に日本の一番新しい傾向から目を離さぬように努力しよう、そうすればいま自分のいる位置がすぐわかる。そしてこれではならぬと立ち上がることができるだろうと考えた。私が幸いに今日まであまり田舎者にならずに来られたのは、まったくこのためだろう。

ページの先頭へ