ジェイ・エイブラハムの名言|社員の力を最大限引き出すには

このエントリーをはてなブックマークに追加

社員の成長や成功を会社が全力で応援すること。会社が応援してくれていると思えば、その社員から最大限のパフォーマンスを引き出すことができる。


ジェイ・エイブラハム の経歴

ジェイ・エイブラハム。アメリカのマーケティングコンサルタント。「USAトゥデイ」「ニューヨークタイムス」「ワシントンポスト」をはじめ、多くのメディアから高い評価を得て「マーケティングの天才」と評された人物。著書の『ハイパワーマーケティング』はビジネス書の大ベストセラー&ロングセラーとなっている。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

努力をすれば必ずその分報われるといった幻想を持ちすぎてはいけません。厳しい言葉かもしれませんが、それが事実であることは歴史が証明しています。いつの時代も人間の努力の99%は徒労に終わってきました。しかし、努力をやめなければ、人生には1%の可能性は常に用意されているのです。

相手の話を促したり、相づちを打ったりする際に効果的なフレーズがあります。「すごい」「教えてください」「さすがですね!」の3つです。これらのフレーズは相手の「自分を尊敬してほしい」という力の欲求を満たすことができるので、相手が目上の人や有力者の場合はとくに有効です。これで相手は気持ちがよくなって、いろいろなことを喜んで話してくれるでしょう。

医薬品は、人が健康、長寿を願うかぎり必要になる産業です。本業をきちんとやることが社会貢献、CSR(企業の社会的責任・貢献)に直結します。

キングジムは小さな会社ですが、特定の商品や分野では大企業にも負けません。それって、社員の自信になるんです。これはすごく大事なこと。逆に、大きな市場の端っこばかり取るのはダメなんです。

一見して難しいと思えることでも、視点を変えてみれば、自分の能力や経験値、持ち時間の範囲内でできる解決策があるはずです。それを考え出すには、「できない、どうしよう」というネガティブな思い込みを捨てる頭の切り替えも必要でしょう。

僕は仕事をスピーディーに終わらせて残業はしないし、あまり飲みにもいかない。その代わりに、オフの時間は家族と一緒に過ごし、買い物に行き、趣味に没頭している。人はどんなときお金を使うか、どんなとき感動するか。生活者の実体験が無いのに、机上だけでいいモノづくりができるはずないからね。

私は人と話すことが好きだ。多くのよき先輩、友人、また後輩を持っている私は幸せといえよう。ことに若い人たちがいい。私のつたない経験や考えを語り、夢を聞く。会社の幹部や社員だけでなく、最近は他社の若い経営者の皆さんとも接する機会が多くなった。

ページの先頭へ