ジェイ・エイブラハムの名言|経営理念は人びとの心を魅了するものでなければならない

このエントリーをはてなブックマークに追加

いかに内容的には素晴らしい経営理念であっても、人びとの心を魅了するものでなければならない。


ジェイ・エイブラハム の経歴

ジェイ・エイブラハム。アメリカのマーケティングコンサルタント。「USAトゥデイ」「ニューヨークタイムス」「ワシントンポスト」をはじめ、多くのメディアから高い評価を得て「マーケティングの天才」と評された人物。著書の『ハイパワーマーケティング』はビジネス書の大ベストセラー&ロングセラーとなっている。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

今日ここに集まった100人のコミュニティこそが、この会社で働いている限り、あなたのベースになります。100人がお互いに切磋琢磨するライバルであることはもちろん必要ですが、弱点はみんなで補っていく、強みはみんなで伸ばしてあげる。それから、ひとつのことを手掛けるとき、熱く激しく執念を持ってほしい。
【覚書き|伊藤忠商事の新入社員に向けてのスピーチでの発言】

当然ながら経営者は、お金儲けに貧欲でないといけません。しかし同時に、儲けたお金を社会に気持ちよく還元する、「道楽者の心意気」がないといけないと思うのです。

私の好きな言葉に、「知行合一」という言葉があります。行動を通じて身につくのが本当の知識。英語も使わなければ身につきません。

実は、私たちがPRしているのは、「近大マグロ」そのものではありません。その背後にある「実学教育」という理念です。研究を実用化し、生まれた利益を次の研究に投入するという考え方が、伝統的にあります。研究はするが実用化は民間企業に任せるという他大学とは、そこが大きく違う。まさに実学重視。私たち広報が打ち出しているのはそこなのです。「近大マグロ」という媒体を通じて、「実学教育」を発信しているんです。

よく眠ってリセットされた朝に、重要な仕事や億劫な仕事を集中してやる。そして、夜は頭を使わなくてもできるような作業に充てる。こうした工夫で、日々のモチベーションの波を調整することをお勧めします。

たとえ毎日1%の改善でも、1年続ければ37倍になる。1.01の365乗は37.78になるからだ。これは、一人の人間の話だけれど、組織として考えればもっと大きなことが起きる。理論的には2000人の社員がいれば、1日で1.01の2000乗、計算すると4億3928万6205となる。

企業経営においてウルトラCの手はありません。地道な取り組みを続け、成長への好循環につなげていきます。

ページの先頭へ