ジェイ・エイブラハムの名言|経営理念は人びとの心を魅了するものでなければならない

このエントリーをはてなブックマークに追加

いかに内容的には素晴らしい経営理念であっても、人びとの心を魅了するものでなければならない。


ジェイ・エイブラハム の経歴

ジェイ・エイブラハム。アメリカのマーケティングコンサルタント。「USAトゥデイ」「ニューヨークタイムス」「ワシントンポスト」をはじめ、多くのメディアから高い評価を得て「マーケティングの天才」と評された人物。著書の『ハイパワーマーケティング』はビジネス書の大ベストセラー&ロングセラーとなっている。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

根気比べのようですが、言い続けることこそ改革時の経営者の仕事です。私も何度も何度も同じことを言い続けました。すると徐々に思いが伝わり、社員の方が少しずつ考え方を変えるようになる。

まずは業界が協力し合いながら、全体パイを増やしていくことと、その中で確実に当社はトップグループとして、ユーザーの選択肢に確実に残るような立ち位置でいるということが今の目標。

後輩を伸ばすために大切なのは、「ビジネスの現場では、人の成長サイクルに共通した特徴がある」ということを理解することです。

お金持ちになりたいというよりも、新たな事業を創りたい。

人は欠点に気づいたならば、即座にそれを改めなくてはならない。改める行為そのものが、人間にとって価値ある正しいことなのだ。間違っても、欠点を見て見ぬふりをして、状況を悪化させてはならない。

最も売れている商品の多くは、エキセントリックな人たちの直感とヤマ勘と熱狂によって生み出されている。本当に新しいものを作るためには、まったく新しい発想が必要だからだ。

相手を変えることはできませんが、自分は変えることができます。相手を理解する努力をし、相手に合わせてうまくつき合うスキルは、仕事をするうえで必須なので、しっかり身につけましょう。

上司というのはうるさくて当たり前。

経験していないことにはどうしても心が残ってしまいますからね。「俺、本当はこれをやりたかったんだよな……」というように。

成果や結果ばかりを追い求めても、得るものは少ないでしょう。むしろ、有名になると、「あいつはひどい奴だ」「威張ってるな」「たくさん稼いでるんだろう」などと、誹謗中傷もあります。そういった負のスパイラルに陥ると、仕事がつまらないものになってしまいます。

ページの先頭へ