ジェイ・エイブラハムの名言|経営理念に価値を持たせる

このエントリーをはてなブックマークに追加

経営理念もレガシー(遺産)をつくる作業につながるような価値を持たせれば、宝飾品のようにそれに魅せられ共感する人が集まってくる。


ジェイ・エイブラハム の経歴

ジェイ・エイブラハム。アメリカのマーケティングコンサルタント。「USAトゥデイ」「ニューヨークタイムス」「ワシントンポスト」をはじめ、多くのメディアから高い評価を得て「マーケティングの天才」と評された人物。著書の『ハイパワーマーケティング』はビジネス書の大ベストセラー&ロングセラーとなっている。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

トップに立つことができたのは、自分の実力だと考えるのは思い上がり。本当に稼いでいるのは国民であり従業員である。そのことを忘れていないだろうか。

僕は努めて難関を歩け、ということを言ってきた。イージーゴーイングをやって、ここにきた人は、ここまでは難関を歩いてきた人と一緒であるが、この先にまだ難関がある。その時には、もう登れない。

外部でも、ああいう活きのいい人材は、積極的に応援していきたいですね。そこまで思うような人材には、なかなか出会いませんが。
【覚書き|熊本浩志氏の立ち上げたデザイン家電会社リアルフリートに出資した理由について語った言葉】

経験を積んだ人ならともかく、20代の若い社員が、早々と「自己の確立」をすることはあまり感心できません。それは、成長を阻害する最大の原因になるからです。というのも、自己の確立を目指すと、我流で仕事をするようになります。上司がアドバイスをしても、「この指示はナンセンス」などと取捨選択を始める。たとえば、営業なら「飛び込み営業なんて時代遅れ」「1日テレアポ20件の意味が分からない」といって避けたりします。しかし、知識も実績もない若手が、正しく取捨選択できるはずがありません。

雑談は議論の場ではありません。ビジネスの現場で、わざわざ対立のもとになりかねない話題を振った結果、相手の気分を損ね、仕事を失うようなことになったら、元も子もないですよね。

組織が大きいと、組織を説得するところにエネルギーを取られてしまいます。一方、ベンチャーは創薬に納得している人しか入らないので、「この薬、どうですか」などという稟議はいらない。シリコンバレーでそのことを学びました。

私どもの看板商品、牛肉のしぐれ煮はもともと早朝ひと働きした従業員や私たちの兄弟がお腹を空かせているだろうと、おにぎりをこしらえていたおふくろの味を再現したものです。昔から慣れ親しんだ食べ物や料理でも、工夫を加え、美味しければお客様は受け入れてくれます。私どもの商品開発では、そのような点を重視しています。

ページの先頭へ