ジェイ・エイブラハムの名言|経営理念に価値を持たせる

経営理念もレガシー(遺産)をつくる作業につながるような価値を持たせれば、宝飾品のようにそれに魅せられ共感する人が集まってくる。

ジェイ・エイブラハム の経歴

ジェイ・エイブラハム。アメリカのマーケティングコンサルタント。「USAトゥデイ」「ニューヨークタイムス」「ワシントンポスト」をはじめ、多くのメディアから高い評価を得て「マーケティングの天才」と評された人物。著書の『ハイパワーマーケティング』はビジネス書の大ベストセラー&ロングセラーとなっている。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

自分の努力や周囲の人の支えによって、挫折は学びと成長を促す触媒になり得る。

弱い奴が強い奴に抑え付けられるのは世の常で致し方なしと諦めもするが、言うことだけは正しいことを堂々と言って欲しい。

部下とのコミュニケーションを深め、動機づけしてあげるスキルが足りないリーダーは、たんに部下に言葉をかけただけで部下のやる気を引き出せると勘違いしていますが、それは大間違いです。言葉は「話して聞かせるだけでなく、理解させる」段階からさらに進んで「理解させるだけでなく、感じさせる」というレベルに達してこそ、はじめて部下の心を動かせるのです。

精度の高い情報を効率よく収集するには、専門家と仲良くなることが重要。やはり、その道の専門家が一番詳しい。ですから、その人に聞くのが一番早く正確。

学長就任後、副学長や学部長などを集めて昼食会を毎月開き、各学部の問題意識などを共有し活発に意見交換するようにしています。

人間、死んだ気になれば何でもできる。いっそ死んだ方がいいと思うほどの時も、鏡の中の自分の顔を見つめて問いかけてみれば「死ぬよりはいい」と思うはず。そうしたら死んだ気になって頑張ることです。

日本の撮影現場では「時間開始○○分前です!」という声が頻繁に飛んでいます。それに比べ、『キル・ビル』の撮影のときなどは「じゃあ、そろそろ撮影する?今日はやめておく?」って(笑)。「いいものをつくればいいんでしょ?だから、そこに行きつくまでは、時間もお金も惜しまないよ」というのがタランティーノの『キル・ビル』でした。

安易な間違いはしないように厳しく伝えていますが、必死に考えても、どうしようもない間違いはある。だから思い切ってやってほしい。お客様に迷惑をかけなければ、会社に多少の損害があっても、それは将来のための投資だと思っています。

エキナカのビジネスは時代のニーズに合わせるのが大事。だから、10年後のエキナカは違う形になっていると思います。常に変わっていく必要があるんです。

成功するためには成功するまでやめないことである、という言葉があります。素敵な言葉ですが、私の考え方は違います。一カ所に根を生やすのではなく、学びの材料を吸収しきったら、いまいる環境から離れる。その繰り返しによって、人は自分というものになっていくのだと思います。

若いころから自分の心にかなった事業を興してこれを育て上げ、年老いてその成果を楽しむことのできる実業界に比較すれば、いかにもつまらないものだ。これが十年近い官吏生活を経験した私の結論であった。

やはり経営トップと入社数年の若手や新入社員の思いを一つにすることが大事。

「ここへ行きたい」と決めて、逆算して行動する方が合理的だとは思います。しかし、自分としてはぐ自分の引き出しの中へいろんなものを入れておきたいんです。将来的にどう繋がるのか分からないけれど、その時々に興味のあること、ベストだと思うことをやっていけば、その経験が後々、生きてくると思うから。

ページの先頭へ