唐池恒二の名言|何でもかんでもアウトソーシングではいけない

何でもかんでもアウトソーシングではいけない。みずから考え、みずからつくる。

唐池恒二 の経歴

唐池恒二、からいけ・こうじ。日本の経営者。「九州旅客鉄道(JR九州)」会長。大阪出身。京都大学法学部卒業後、日本国有鉄道(のちのJR)に入社。日本国有鉄道九州総局総務部人事課長などを務めたのち、分割民営化に伴いJR九州に入社。総務部勤労課副長、営業本部販売課副長、船舶事業部営業課長、船舶事業部次長、外食事業部長、JR九州フードサービス社長、JR九州経営企画部長、取締役、鉄道事業本部副本部長、旅行事業本部長、サービス部長、常務総合企画本部本部長などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

主人の坂田芳松さんは昔かたぎの生粋の江戸っ子で、人情にも厚い人であった。私は社会の第一歩で、こうした人に会ったことは実に幸せなことで、何ものにも代えがたい収穫だった。逆境にあった私が、万一ここでも冷たい仕打ちをされていたら、果たしてどうであったろう。私は終生この主人から受けた情義を忘れることはできない。
【覚書き|小学校を中退し9歳で入った丁稚奉公先について語った言葉。ここでの経験がのちにシャープの前身である早川金属工業設立のきっかけとなった】

早川徳次の名言|良い人との出会いが人生を変える


私ね……自分でも、あまり俳優に向いてないな、と思うんですよ(苦笑)。たとえば舞台でも映像作品でも、バラエティでも、その世界に入り込んで、自分が演じるというより、常に「大泉洋」という男を観客の目線で見ているという自分の方が強いんです。観客から見て、大泉洋という人がどう動くと面白いのかという考え方しかできないんです。それって、あまり向いてないってことですよね、俳優に。演じるより、常に「見て」しまうんです。俯瞰で僕という人を。

大泉洋の名言|演じるより、常に「見て」しまうんです。俯瞰で僕という人を。


いま、モチベーションが上がらないと嘆いている人も、入社したてのころは、もっと志が高かったはずです。事実、新入社員がやる気だけで、驚くような新規開拓に成功した例は数多くあります。ところが、新入社員のころはやる気に溢れていても、入社3年、5年と経つにつれ、仕事がマンネリ化し、徐々にモチベーションが低下していくケースがほとんどなのです。

国吉拡の名言|やる気は徐々に低下していくもの


現在の中期経営計画では「いい銀行」というスローガンを標榜しています。は、「いい銀行」とはこれだというのを明示していません。それぞれの立場で、やっている仕事から考えてほしい。自分がどんな行動をとれば、いい銀行につながるのかを自分で考え行動してもらうことが重要だといった考え方です。

高崎秀夫の名言|自分で考え行動してもらうことが重要


感情的に怒らないコツは間を置くこと。怒りは突発的で一時的な感情です。持続時間は6秒ほどだと言われています。カチンときたら、頭のなかでゆっくり6秒数えてみてください。そして間を置いてから、「あいつにもきっと何か理由があるはずだ」と考えれば、論理的に叱れるようになります。

嶋津良智の名言|感情的に怒らないコツ


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ