松村厚久の名言|皆で力を合わせないと会社は大きくできない

このエントリーをはてなブックマークに追加

人間一人は微力ですから、皆で力を合わせないと会社は大きくできません。そう考えた私は、昔から権限委譲、悪く言えば「投げっぱなし」でやってきました。


松村厚久 の経歴

松村厚久、まつむら・あつひさ。日本の経営者。「ダイヤモンドダイニング」創業者。高知県出身。日本大学理工学部卒業後、日拓エンタープライズに入社。その後独立し、大学時代から興味を持っていた飲食業に参入。東京を中心に多業態のレストランを展開した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

成長を持続させていくためには、変化を先取りしながら、より良い医薬品を適切なタイミングで提供していくことが不可欠です。これを確実に実践するべく、優れた能力をもつ各部門のリーダーが結集し、互いに問題を共有しながら、会社のミッションやビジョンに沿って部門ごとの役割を果たしていく。そのような組織体制が必要です。

初めに勉強ありきではなく、課題ありき。相手のニーズをつかむことが最優先。

各事業部がそれぞれ数千億円位の売り上げを占めるようになると、事業部間の壁が高くなりかねない。それを支店とか支社とか、そういう段階でできるだけその壁を低くして、情報を共有化させるということがすごく大事。

百貨店や駅構内を中心に国内約300の靴修理スタンドを展開しています。各拠点の従業員は1から2名です。彼らを動かすために意識しているのは、軍隊用語でいう「号令」または「命令」型のコミュニケーションをとるということです。号令とは、準備を進めてきたことに対して最終的なゴーサインを与えることで、ある拠点を攻略せよというのが命令です。日常的に同じような仕事をこなしている人たちには、号令、命令がなじみます。

40代から教養力を高めるにはどうするか。私は「気にかけていながら遠ざけてきたもの」に挑む小さな冒険をお勧めします。「気にかけながら遠ざけてきたもの」への取り組みは、何でも構わないと思います。これまで聞いたことのないジャンルの音楽を聴く、見たいと思いながら見逃してきた名作映画を見る、憧れの楽器を手にする、自分史を書いてみる、等々です。

イノベーションがもたらす効果をGDP(国内総生産)の統計に見いだすことは難しい。

人材を育てるコツがあります。それは「高速配転教育」です。1年半ごとに部署をどんどん変えていくのです。入社以来、数年間同じ上司のもとについているなどということは、我が社ではありえません。次々に部署異動して新しいことを勉強してもらうのです。本人にとっては恐ろしいと思いますよ。やっと慣れたと思ったら、すぐに別の業務に就かされる。それが延々と続くわけですから。

ページの先頭へ