鈴木敏文の名言|変化に対応し、差別化・差異化できていれば同質化はしない

このエントリーをはてなブックマークに追加

飽和とは同質化の結果。変化に対応し、差別化・差異化できていれば同質化はしない。


鈴木敏文 の経歴

鈴木敏文、すずき・としふみ。日本の経営者。セブン&アイホールディングス会長。中央大学経済学部卒業後、書籍取次大手のトーハンに入社。その後、イトーヨーカ堂へ移り、創業者伊藤雅俊の右腕として活躍し、セブン-イレブン・ジャパンを設立。コンビニエンスストアという形態を全国に広め小売業界を激変させた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

コンセプトとパフォーマンスは分けて考えないといけません。両方とも真面目にやろうとするから失敗するのです。
【覚書き|ユニークなネーミングやパフォーマンスでまちおこし展開していることについて語った言葉】

やる気を起こしていない中途半端な仕事に対して評価をしても、それ以上本来の力を伸ばすことができないどころか、モチベーションを下げるだけ。

新しくオープンする店のことは、そこのメンバーに徹底して任せる。椅子や鏡など、すべて自分たちで決められるとなれば、メンバーたちは相当やる気になる。そして、自分たちの店だという意識が生まれるため、開店してからも掃除等を怠りません。

既存のやり方に疑問を投げ掛け、新しいアイデアを提案し、新たな産業を作っていける若い起業家が必要だ。日本の大企業や投資家らは、起業家の重要性を認識すべきで、彼らに投資し、彼らの商品を世界の市場に売り込む手助けをすべきだと思う。起業家の貢献が評価され始めれば、日本に成長と活力を生む新たな領域が見えてくると、私は信じている。

管理職に求められるものとしては、コミュニケーション能力などのスキルももちろんありますが、まずはマインドが重要です。大袈裟な言い方かもしれませんが、崇高な理念を持って、王道を行くことです。

当社は2輪車以外にも、船外機(船舶用エンジン)やスノーモービル、プールと、多様な事業を持っています。それぞれを個性豊かな事業に育て、経営の太い幹にしていきたい。経営の選択と集中を重視する人々の考え方とは多少違ってきますが、既にやめるべき事業は整理したという認識です。経営の幹を太くするために独創的な個性を出すことこそ、当社「らしさ」です。

仕事はきちんとしなければいけません。けれども、どこかで線を引かないと、無限に時間を奪われることになります。

ページの先頭へ