鈴木敏文の名言|成功体験が失敗のもとになる

このエントリーをはてなブックマークに追加

成功体験が失敗のもとになる。成功はそのときに上手くいっているということであり、時代が変われば同じ手法ではダメだということ。


鈴木敏文 の経歴

鈴木敏文、すずき・としふみ。日本の経営者。セブン&アイホールディングス会長。中央大学経済学部卒業後、書籍取次大手のトーハンに入社。その後、イトーヨーカ堂へ移り、創業者伊藤雅俊の右腕として活躍し、セブン-イレブン・ジャパンを設立。コンビニエンスストアという形態を全国に広め小売業界を激変させた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

一人の天才のアイデアは組織になると埋没してしまいますが、世の中に一人のアイデアが浸透すれば、もっと豊かになると思います。個人の持っている才能をいかに見出して世の中に広めるか、または社会に貢献させるかという役割を当社は成し遂げたい。

本当にお客様は安さばかりを求めているのか。決してそうではないと私は思いました。むしろ多くの日本人は食に楽しみを求めている。バブル期まで続いた経済発展で、豊かな生活を体験して舌も肥えていたからです。そこでヤオコーは「豊かで楽しい食生活」を提供しようと考えました。

我々よりも歴史が古くて立派な会社はたくさんあるじゃないですか。その会社と競争して、やっぱり金メダルを取らないといけないですね。銀メダルや銅メダルではどうしようもないわけですよ。

イノベーションで最も重要なのは、オープンな企業文化です。役員以下すべての従業員が同じテーブルで自由に語り合い、互いのチャレンジ精神を引き出す。そんな開かれた風土が不可欠です。全員でどうしたら上手くいくかを議論します。そう、日本のカイゼンと似ています。ただ、ヒルティでは、このカイゼンを2万人全員が行っているのです。

「あてにしない、期待しない、あきらめる」。これが僕の信条。こう考えると他人だけでなく、自分に対して過剰な期待を持たないし、できなかったときのショックも小さい。

自分の部署に閉塞感が出てきたようなときに、上司自身が部下の目線に降りて「どうしたらいいと思う?」と話しかければ、部下はポツポツと意見を出してくれます。そういったコミュニケーションが頻繁になってくると、次第に「あの人と一緒に仕事をすると面白い」「意見を聞いてくれる」という雰囲気が醸成されます。すると、人望が集まり、必ず仕事の成果もついてくるのです。

初対面の相手の態度がぎこちないと「私のことが気に入らないんじゃないか」と不安に思いがちです。でも、自分が初対面であるということは、相手にとっても初対面であるということ。自分以上に相手も緊張しているかもしれません。ですから、態度や会話がぎこちないのはむしろ当然で、引け目を感じる必要はまったくありません。

ページの先頭へ