心屋仁之助の名言|無用な罪悪感を手放す

このエントリーをはてなブックマークに追加

無用な罪悪感を手放したとき、人は人間関係だけでなく、人生そのものをより明るく、自由なものへと変えていける。


心屋仁之助 の経歴

心屋仁之助、こころや・じんのすけ。日本の心理カウンセラー。兵庫県出身。桃山学院大学卒業後、大手物流企業に入社。現場営業や営業企画部門管理職として19年間勤務。その後、心理療法と出会い心理カウンセラーとして独立。性格リフォームを専門としたカウンセリングを行う。NLPマスタープラクティショナー。著書に『光と影の法則『性格は捨てられる』『人間関係が「しんどい!」と思ったら読む本』『「自分がイヤだ!」と思ったら読む本』『「めんどくさい女」から卒業する方法』『すりへらない心をつくるシンプルな習慣』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

問題を解決するのに「100点満点の解決法」なんてものはまずありません。80点ぐらいのイメージだと良くできた方で、60点ぐらいだとまずまず「合格」といったところでしょう。

私自身としては、現在の問題については、過去がかつてこうであったというところからの類推でしか見ていません。だから、既成のイデオロギーから何かを構築しようという気はまるでないんです。

定年のだいたい5年前から秒読みを開始した人が、定年後の夫婦関係で生き残っています。最初はなかなかしっくりきませんが、じっくり時間をかけて生活習慣にすることで、「あなた、よくなったわね」「以前の父さんと違う」と言われるようになればいい。変われなければ熟年離婚。それくらいの真剣勝負です。

人を信頼できるということは、人間性の問題云々ではなく、才能に関わることだと思う。

お金が単なる数字に化けて、モラルハザード(倫理の欠如)に陥りやすいのが金融業界です。銀行は公益性が高いビジネスなのに、「濡れ手に粟」の高額報酬集団と見られてはいけません。

上司からの指示をただ単に下に降ろすだけでは物事は実現しません。現実を見定め、できることと、できないことをきちんと分別することの難しさを思い知らされた。

様々な業態でコモディティー化が起きています。似たり寄ったりのサービスを提供し、顧客もそれを当然のこととして受け取っているということです。それだけに差別化が重要になります。

ページの先頭へ