心屋仁之助の名言|プライベートを充実させるほどに、仕事の成果は上がる

このエントリーをはてなブックマークに追加

プライベートを充実させるほどに、仕事の成果は上がる。


心屋仁之助 の経歴

心屋仁之助、こころや・じんのすけ。日本の心理カウンセラー。兵庫県出身。桃山学院大学卒業後、大手物流企業に入社。現場営業や営業企画部門管理職として19年間勤務。その後、心理療法と出会い心理カウンセラーとして独立。性格リフォームを専門としたカウンセリングを行う。NLPマスタープラクティショナー。著書に『光と影の法則『性格は捨てられる』『人間関係が「しんどい!」と思ったら読む本』『「自分がイヤだ!」と思ったら読む本』『「めんどくさい女」から卒業する方法』『すりへらない心をつくるシンプルな習慣』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

大切なのはお金があるか、ないかということではありません。お金があっても貧相に見えたり、また下品な人もいます。要するにお金がある、無しにかかわらず、人間的に魅力があるか、見識、教養があるか、といったことが大切なのです。

「モチベーションを高めること」と「ストレスを減らすこと」は表裏一体。モチベーションが高い時には、ストレスを感じにくいもの。ストレス対策の一つとして、職場のモチベーション・アップを図りましょう。

エリートなき国は滅びます。国だけではなく、エリートなき企業も滅びます。どういう人をエリートと呼ぶかよくよく考えなきゃいけない。人に尽くす喜びを本当に感じている人こそが、真のエリートになる資格がある。

上場しているから狙われる。上場しているからお金のロジックの嵐の中に巻き込まれてしまう。上場するメリットとは何なのか。むしろサッポロHDにとってはMBOを実施して上場を廃止するチャンスが巡ってきたのではないかとも私は思います。

最近は「敵意識」の強い人が増えています。「自分を否定されるのではないか」と恐れ、誰もが敵に見えて攻撃的な態度に出てしまう。すると相手も反発して攻撃的になり、互いを傷つけ合って消耗してしまうのです。この状態を脱するには、自分に満足感を与えてあげること。プラスの感情が増えれば安心感が生まれ、「誰かに傷つけられる」という恐怖も和らいで、周囲を敵だと感じることも減ります。

不動産投資を始めた当時、青森の部隊に所属していましたから、なかなか実際に東京の物件を見に行くことはできません。そこで他の人が休みたい時に働くことで、休みの希望を通りやすくした上で、夜行バスで上京、埼玉に住む妻の親の車を借りて車中泊をするなどして物件を見て回るという生活を3年続けました。

改革は素早く、大胆にやる。危機時の構造改革は、この改革のスケールやテンポといったダイナミズムを経営者が理解できるかどうかにかかっていると言っても過言ではありません。

ページの先頭へ