心屋仁之助の名言|常時自分を駆り立てていると、いずれ疲れて、すり切れてしまう

このエントリーをはてなブックマークに追加

100点にこだわることは仕事上でもマイナスに働きます。なぜなら、常時自分を駆り立てていると、いずれ疲れて、すり切れてしまうからです。


心屋仁之助 の経歴

心屋仁之助、こころや・じんのすけ。日本の心理カウンセラー。兵庫県出身。桃山学院大学卒業後、大手物流企業に入社。現場営業や営業企画部門管理職として19年間勤務。その後、心理療法と出会い心理カウンセラーとして独立。性格リフォームを専門としたカウンセリングを行う。NLPマスタープラクティショナー。著書に『光と影の法則『性格は捨てられる』『人間関係が「しんどい!」と思ったら読む本』『「自分がイヤだ!」と思ったら読む本』『「めんどくさい女」から卒業する方法』『すりへらない心をつくるシンプルな習慣』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

英語は勉強すれば何とかなりますが、専門知識は一朝一夕に養えるものではありません。ここは日本でしっかり身につけてもらい、30代になったら海外経験をしてもらうことが重要。

今振り返ってみると、あの時の経験がその後の企業家人生に大きく役立っているので、何がどうつながってくるか分かりません。
【覚え書き|コンサルティング会社勤務時代を振り返っての発言】

世の中の切なる願いに貢献できる喜びが、弊社を動かす原動力。

私は、事前には可能性が低いと予想されていたブレグジット(イギリスのEU離脱)についても、実際に起きた時にどんな影響が出るのかを予測し、プラスとマイナス面を徹底して調べていた。

日常生活の楽しさを忘れてしまっては、楽しい番組作りなどおぼつかない。

仕事は通常、雑用からしか始まりませんが、懸命にやるのです。雑用にこそ生きがい、やりがいを見つけるチャンスがあり、それを疎かにする人には何もチャンスは与えられません。

何度も「大禍」を耐え忍べたのは、会社を命がけで愛しているから。

ページの先頭へ