心屋仁之助の名言|受けた親切は笑顔で受け取る

このエントリーをはてなブックマークに追加

周囲から受けた親切を、その都度「返さなければ」と思う必要もありません。笑顔で受け取ることで、してくれた相手も幸せになれるのだ、と考えれば良いのです。そうした懐の広さが、周囲にも安心感と喜びを与えます。


心屋仁之助 の経歴

心屋仁之助、こころや・じんのすけ。日本の心理カウンセラー。兵庫県出身。桃山学院大学卒業後、大手物流企業に入社。現場営業や営業企画部門管理職として19年間勤務。その後、心理療法と出会い心理カウンセラーとして独立。性格リフォームを専門としたカウンセリングを行う。NLPマスタープラクティショナー。著書に『光と影の法則『性格は捨てられる』『人間関係が「しんどい!」と思ったら読む本』『「自分がイヤだ!」と思ったら読む本』『「めんどくさい女」から卒業する方法』『すりへらない心をつくるシンプルな習慣』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

今、とくに注力しているのは、地域の人たちと一緒に里山を保全する活動です。直接、利益になるわけではありません。しかし、地域の人たちに支持されることがブランドになり、会社が継続していくことにつながるのだと信じています。

ダイエットというと、多くの人はジョギングやジム通いのような「普段していないこと」か、禁酒や炭水化物ダイエットのような「普段の習慣や好物を完全に断つこと」から始めるでしょう?でも、普段していないことは、普段していることに押しつぶされてしまうんです。人間、これまでの自分を否定するのは難しいですから。

勤勉に加えて幸運に恵まれることも大事なこととして考えなければならない。ただし、初めから欲にかられて儲けようと思っても無駄であり、何の得にもならない。

結局のところ、最悪の不幸など決して起こらない。たいていの場合、不幸を予期するから、悲惨な目にあうのだ。

年が若くても信頼できると感じるのは、ファクト(事実)の積み重ねでものを語る人です。推測、憶測、感情、あるいは倫理や道徳とか、そういった事実ではなく「価値」に属する要素を入れてくる人は評価できません。「いい悪いは別として、こういうことですよね」という話を着実に重ねていける人は信頼できます。

我々のビジネスはBtoBです。アパレルメーカーへのODMや専門量販店などに商品を納めています。その商品が売れなければ、次の取引はありません。量販店は商品の在庫回転率が命ですから、絶対に売れると自信の持てる商品ニーズをいち早くつかみ、製品化しなければいけません。つまり、店頭で消化できるヒット商品をどれだけ生み出せるかがタキヒヨーの存在価値だと考えています。

異業種と研究開発面で提携していくために、ハイテク素材展とか、粉体工業展、エレクトロニクス展といった他業界の展示会にも積極的に出かけていきプレゼンテーションするんです。そこで情報発信すると、相手先からこんな分野に使えないかと相談が舞い込むようになるのです。共同研究することで視野が広がるし、自分たちだけでは考えもつかなかったニーズがわかる。いろいろなメリットがあります。短期的な収益だけを考えると、基礎研究の分野はとかくお金がかかって成果が出にくい面もありますが、将来の種まきとしては非常に重要ですね。

ページの先頭へ