心屋仁之助の名言|自分の心を満たすことが良い結果を生む

このエントリーをはてなブックマークに追加

心を満たすことは、「流れに乗る」ことです。ときには仕事を後回しにして、自分の時間を作る。自分の大切な家族とコミュニケーションを取る。自分が好きなもの、したいことを問い直し、それを我慢せずに勇気をもって実行する。そうして心を満たしていくと、本来の自分自身を輝かせることができます。それが、より良い結果を生むことにもつながる。


心屋仁之助 の経歴

心屋仁之助、こころや・じんのすけ。日本の心理カウンセラー。兵庫県出身。桃山学院大学卒業後、大手物流企業に入社。現場営業や営業企画部門管理職として19年間勤務。その後、心理療法と出会い心理カウンセラーとして独立。性格リフォームを専門としたカウンセリングを行う。NLPマスタープラクティショナー。著書に『光と影の法則『性格は捨てられる』『人間関係が「しんどい!」と思ったら読む本』『「自分がイヤだ!」と思ったら読む本』『「めんどくさい女」から卒業する方法』『すりへらない心をつくるシンプルな習慣』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

何店舗出したい、という目標はないんです。ただ、数を増やすのが嫌なのではありません。結果的に、地域の人が交流できるコミュニティーの場所が増えていけばいいと思っているので、それが目標と言えるかもしれません。

幸せなセカンドライフを送るために考えなければならないポイントは3つ。「リタイアしないのであれば、どんな仕事をするか」、「どのような生活を送るか」、「お金をどう工面するか」。

プロフェッショナル向けのツールだからこそ、直観的なインタフェースを備えるべきだと考えています。煩雑な操作方法に惑わされず、専門家は本来の仕事に注力できますので。

経営のカンを養うには、現場をみずから歩いて五感で知る、それに尽きると思います。現場を知らない経営者を、私は経営者として認めたくありません。自分のカンを磨くには、お客様の声を聞き、現場で働く人の声を聞くために歩くしかない。それが多くの企業を見てきた私の意見です。

マーケティング責任者は、経営者にブランドのイメージやブランドの素晴らしさをただ情緒的な言葉で説明するのではなく、企業経営になぜブランド構築が役に立つのか、ブランドによって何が企業にもたらされ、どのような利益成長できるかを、定量的な分析を加えながら、論理的に語れなければなりません。

仕事も勉強も徹底的に効率化すれば両立できる。私は働きながら2年以内に資格を取得すると決め、1回の受験で合格してきた。2年の理由は、やる気と集中力が持続するのはそれぐらいが限界だから。

メールを丁寧に書く時間があるのなら、電話でもいいから直接、相手と話したほうが今後のコミュニケーションも円滑に進むはずです。

ページの先頭へ