心屋仁之助の名言|攻撃されたときの対処法

このエントリーをはてなブックマークに追加

攻撃されたときに、心の中で「私はあなたの味方ですよ」とつぶやいてみる。これにより、自分の中にある相手への不快感がリセットされ、無用な反撃や意気消沈を防ぐことができます。


心屋仁之助 の経歴

心屋仁之助、こころや・じんのすけ。日本の心理カウンセラー。兵庫県出身。桃山学院大学卒業後、大手物流企業に入社。現場営業や営業企画部門管理職として19年間勤務。その後、心理療法と出会い心理カウンセラーとして独立。性格リフォームを専門としたカウンセリングを行う。NLPマスタープラクティショナー。著書に『光と影の法則『性格は捨てられる』『人間関係が「しんどい!」と思ったら読む本』『「自分がイヤだ!」と思ったら読む本』『「めんどくさい女」から卒業する方法』『すりへらない心をつくるシンプルな習慣』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

コンビニはどうしたってアルバイト従業員を使います。薬を売りたくても、知識のある薬剤師を常駐させたらとてもコストは見合わない。ネット販売の話と一緒ですが、きちんと接客すれば薬は必ずドラッグや調剤薬局で手に入れてもらえる。

私がかつてコラムを掲載していた媒体で、勉強会への参加状況を賞与評価に反映させる仕組みをつくり、社員に勉強会参加を強制できるようにした話を紹介したところ、多くの読者から「非人間的だ」「まるで軍隊だ」などと指弾されたことがあります。しかし企業とは決して仲良しクラブではありません。利益を追求する団体です。自社にとって良いこと、ひいては社員自身にとっても良いことを強制するのに何をためらうことがあるのでしょう。

リーダーが頑張ると仕事が生み出されて、多くの迷える小羊が充実した人生を送ることができるようになる。リーダーになれる人はほんの一握りですが、多くの人にやりがいと人生の価値を提供する。

私のスケジュール管理で特徴的なことは、私の時間の使い方を秘書が監査していることなんです。人間は放っておくと、すぐ無駄なことをしたくなるんですね。本来なら部下に任せられる出張でも、つい自分で出かけてしまったりします。そこで、「その出張は社長が行く必要があるんですか」「その仕事は、いまやらなくてもいいんじゃないですか」などと秘書に指摘してもらうことで、社長としての時間を最大限に活用できるようにしているんです。

何度も会って話をすることで、「この人が言っていることだったら信頼できる」とか、「この人は言っていることを、きっと実現させるのだろう。本音を言っているろう」と、互いに思えてきます。何度も会うことでようやく信頼関係が生まれるのです。

やみくもにビジネススキルを習得しようとする人たちは、差別化のために「これはやる。これはやらない」という「捨てる意思決定」がまったくできていません。とくに優等生は、捨てることが苦手です。そして、自らの大事な資源である時間を無駄遣いしているのです。

私は、ファッション・デザイナーという「点」から仕事を始め、デザインの幅を広げて「線」をつくり、さらに「面」へと仕事を広げてきました。なぜそれができたのか。それはジャンルが違う人たちとチームをつくり、一緒に働くことができたから。

ページの先頭へ