心屋仁之助の名言|悩みの7割を消す

このエントリーをはてなブックマークに追加

心の中で勝手に増幅させている被害妄想を止めることができたら、現時点で抱えている悩みの7割は消えるはず。残り3割が「本物」であったとしても、受け止める余裕が出てくるでしょう。


心屋仁之助 の経歴

心屋仁之助、こころや・じんのすけ。日本の心理カウンセラー。兵庫県出身。桃山学院大学卒業後、大手物流企業に入社。現場営業や営業企画部門管理職として19年間勤務。その後、心理療法と出会い心理カウンセラーとして独立。性格リフォームを専門としたカウンセリングを行う。NLPマスタープラクティショナー。著書に『光と影の法則『性格は捨てられる』『人間関係が「しんどい!」と思ったら読む本』『「自分がイヤだ!」と思ったら読む本』『「めんどくさい女」から卒業する方法』『すりへらない心をつくるシンプルな習慣』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

そもそも何を勉強したらいいのかについて迷う人もいるでしょう。社会人は勉強を強制されているわけではありませんから、案外ここで悩んでいる人は多いのではないでしょうか。絶対に外せないポイントは、「自分の好きなテーマを勉強する」ということです。

仕事でも、プライベートでも、話すということは、何か伝えたいことがあるはずです。その伝えたいことの本質を、よりわかりやすく伝えることが、話し方が上手くなるための第一歩だと思います。

コミュニケーション以外にも部下と信頼関係と築く方法はシンプル。約束を守る。ウソをつかない。人の悪口は言わない。自分が間違えていたら、謝ったうえであらためましょう。

「飼っている猫と一緒にいて、そこにおいしい紅茶と甘いものがあればなおさら満たされる」「育てているバラの花が一輪咲いた」。例えばそんな幸福の瞬間を自覚していくことで、自分の幸せには、これとこれが必要だと分かってきます。

いい人が集まれば、いい商品が提供でき、いい会社ができる。いい会社にはまたいい人が集まって、好循環が生まれます。

一生のうちに何度かは、120%の力を発揮しなければならない局面が誰にも必ず訪れる。そのとき、一度でも限界まで働いたことがあれば、自分はここまでできると自信を持って立ち向かうことができるはずだ。

ちょっと周囲を見回してみてください。目に入る人がみんな、「自分が一番すごい、自分が一番かわいい」と思っているのです。話し方を考えるなら、ここから出発することがとても重要だと思います。

ページの先頭へ