心屋仁之助の名言|高圧的な人は実は臆病な性格

このエントリーをはてなブックマークに追加

圧的に怒鳴るタイプの人は、実は臆病な性格を持っています。すぐに噛みつく犬と同じで、「自分が攻撃された」という恐怖心を感じるたびに、猛烈に反撃してくるのが特徴です。それを知っていれば、ある程度落ち着いて対処することができるようになるでしょう。


心屋仁之助 の経歴

心屋仁之助、こころや・じんのすけ。日本の心理カウンセラー。兵庫県出身。桃山学院大学卒業後、大手物流企業に入社。現場営業や営業企画部門管理職として19年間勤務。その後、心理療法と出会い心理カウンセラーとして独立。性格リフォームを専門としたカウンセリングを行う。NLPマスタープラクティショナー。著書に『光と影の法則『性格は捨てられる』『人間関係が「しんどい!」と思ったら読む本』『「自分がイヤだ!」と思ったら読む本』『「めんどくさい女」から卒業する方法』『すりへらない心をつくるシンプルな習慣』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

いま開発した商品が、ひとつも売れなくなるような研究をしろ。

どんな中でも答えはある。諦めずに追求する、その気持ちが切れた瞬間に答えがなくなる。

私がマイクロソフト日本法人で学んだことのひとつは、「1人のマネジャーが管理できる部下の数は10人未満」ということです。特にSE(システムエンジニア)は就業時間のほとんどを取引先のオフィスで過ごすケースが多く、マネジャーの目が届きにくい。部下の数が10人以上になると、モチベーションや健康状態など個別の事情を把握するのは難しくなると思います。

何か人の役に立つことをすることをお勧めします。ボランティア活動に勤しむのもいいですし、家族や友人の手助けをするだけでも十分です。人に「ありがとう」といわれる回数を増やすよう、意識してみましょう。感謝されることは、強い自己肯定感をもたらします。「頑張って当たり前」の仕事の世界では、その機会は多くはありません。そんななかでの「ありがとう」は、大きな癒しとなります。

仕事への意欲とは「何かを残したい」という、人間としての種の保存的本能です。後世に残る仕事を成し遂げたいという思いが意欲を生むのです。

我々も営業時間を短くして、定休日を増やす試みを進めているところです。今年の8月は営業時間を詰めて、定休日を全店で2日設けました。今年からはもっと本格的にやりたいと思っています。この狙いは、我々の独自性であるおもてなしを追求することです。お客様と接点のある販売員が最高のコンディションでお客様に接すること。これが百貨店の大きな存在意義ですから、そういう意味でも休むときには休む必要があります。

脳はカラフルなモノを見る方がよく働く。

ページの先頭へ