心屋仁之助の名言|高圧的な人は実は臆病な性格

圧的に怒鳴るタイプの人は、実は臆病な性格を持っています。すぐに噛みつく犬と同じで、「自分が攻撃された」という恐怖心を感じるたびに、猛烈に反撃してくるのが特徴です。それを知っていれば、ある程度落ち着いて対処することができるようになるでしょう。

心屋仁之助 の経歴

心屋仁之助、こころや・じんのすけ。日本の心理カウンセラー。兵庫県出身。桃山学院大学卒業後、大手物流企業に入社。現場営業や営業企画部門管理職として19年間勤務。その後、心理療法と出会い心理カウンセラーとして独立。性格リフォームを専門としたカウンセリングを行う。NLPマスタープラクティショナー。著書に『光と影の法則『性格は捨てられる』『人間関係が「しんどい!」と思ったら読む本』『「自分がイヤだ!」と思ったら読む本』『「めんどくさい女」から卒業する方法』『すりへらない心をつくるシンプルな習慣』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ある営業チームが「チームの営業成績を上げる」という課題を設定するのは、一見、正解に見えますが、課題として適当ではありません。なぜなら「チームの営業成績を上げる」という課題では、具体的に営業マンが何に取り組めばよいのかが見えてこないからです。では、これを「個々の営業マンの成績のばらつきをなくす」と掘り下げた課題にしたらどうでしょう。それなら、「営業マンの担当地域を見直す」「経験年数の短い営業マンへのフォローアップを行う」というように、今日から取り組める戦略が立てられます。

御立尚資の名言|より掘り下げた課題を設定すべき理由


弊社ではお客様との距離感を大切にしています。お客様の平均年齢68歳に対して、弊社アポインタースタッフの平均年齢は65歳。自然と友達感覚でお客様との会話も弾み、社内でマーケティング的な効果も表れます。

吉川衡宇の名言|お客様との距離感を大切にする


社長も大失敗すると思えば社員も安心する。失敗なくして社長になっている人なんか、いないんじゃないの?

城岡陽志の名言|社長も大失敗すると思えば社員も安心する


社内外でのプレゼンや提案の場で人を納得させるには、曖昧な言葉より数字の方がより説得力を持つことがある。

小宮一慶の名言|曖昧な言葉より数字の方がより説得力を持つことがある


グローバル化とは、一つの標準に統一しようとすることではなく、それぞれの社会を尊重し、それぞれの地域に貢献するための経営を行うことにほかなりません。

日覺昭廣の名言|グローバル化で大切なこと


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ