心屋仁之助の名言|高圧的な人は実は臆病な性格

圧的に怒鳴るタイプの人は、実は臆病な性格を持っています。すぐに噛みつく犬と同じで、「自分が攻撃された」という恐怖心を感じるたびに、猛烈に反撃してくるのが特徴です。それを知っていれば、ある程度落ち着いて対処することができるようになるでしょう。

心屋仁之助 の経歴

心屋仁之助、こころや・じんのすけ。日本の心理カウンセラー。兵庫県出身。桃山学院大学卒業後、大手物流企業に入社。現場営業や営業企画部門管理職として19年間勤務。その後、心理療法と出会い心理カウンセラーとして独立。性格リフォームを専門としたカウンセリングを行う。NLPマスタープラクティショナー。著書に『光と影の法則『性格は捨てられる』『人間関係が「しんどい!」と思ったら読む本』『「自分がイヤだ!」と思ったら読む本』『「めんどくさい女」から卒業する方法』『すりへらない心をつくるシンプルな習慣』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

若い頃は、どうしても虚勢を張るところがありますよね。でも、歳を取ってくると、だんだん自然体になってくる。

経験からいえることは、伸びる人というのはある時期に何らかの専門性を磨いているということです。どんな分野でもいいから徹底的にやるのです。傍流と思われることでもいいのです。私の場合はホテル経営がそれにあたります。

これからは競争と協調ということを明確にしていかなければ、企業はなかなか生き残れない。いま、共同配送をアサヒ、キリン、サッポロ3社でやっています。商品の付加価値競争は思いっきりしながら、一方では共同物流でコストダウンや二酸化炭素削減を図っていく。

この際、「消費者=ターゲット」という意識も捨ててしまいましょう。消費者は自分が企画した商品を大きく育ててくれる大切なパートナーなのです。これまでブランドは「商品イメージ」「企業イメージ」という言葉に近かった。しかし、ネット出現後のブランドは「消費者の中に長く維持される愛」に変わったと思います。相思相愛になった消費者の意見を取り入れながら、商品の改良などを行うことで、より長きにわたる愛(ブランド)を育んでいくことができます。

ルールは過去から作られたもの。過去に未来の答えなんて無い。

我々の仕事の原点というのは、やはり世界に対しての地域貢献や社会貢献ということが前提にある。

新商品が長らく登場しないと、価格競争だけが頼りになり、社員も自信がなくなります。新商品はそれ自体がビジネスを盛り上げるだけでなく、組織の活性化にもつながります。社員の本気度が高まり、取引先の見る目も変わってきます。

我々が提供するサービスの合格点は、お客様に「ワオ!」と言ってもらうこと。そうでなければダメなんだ。

とてつもなく稼ぐ人は、上司や取引先が、一番重要だと感じていることをきちんと押さえ、そこを絶対に外さず、集中し、うまく力を抜くことができている。

自分が何をしたいかは自分で決める。自分の思っていることをはっきりと言う。それが自由だと思った。それが欲しかった。
【覚書き:母国ルーマニアがチャウシェスク独裁政権になり、監視され、プロパガンダに利用されることに嫌気がさし、アメリカへ亡命した時の言葉。亡命は命がけだった】

ページの先頭へ