心屋仁之助の名言|「自分軸」ができると、人にどう思われるかが怖くなくなる

このエントリーをはてなブックマークに追加

「自分軸」ができると、人にどう思われるかが怖くなくなります。それによって日々の人間関係も変わり、悩みも減るでしょう。対人関係の悩みはこれだけで、多くが解決すると僕は思います。


心屋仁之助 の経歴

心屋仁之助、こころや・じんのすけ。日本の心理カウンセラー。兵庫県出身。桃山学院大学卒業後、大手物流企業に入社。現場営業や営業企画部門管理職として19年間勤務。その後、心理療法と出会い心理カウンセラーとして独立。性格リフォームを専門としたカウンセリングを行う。NLPマスタープラクティショナー。著書に『光と影の法則『性格は捨てられる』『人間関係が「しんどい!」と思ったら読む本』『「自分がイヤだ!」と思ったら読む本』『「めんどくさい女」から卒業する方法』『すりへらない心をつくるシンプルな習慣』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

販売の際は、できるだけ早くお客様から信頼してもらう、そして、お客様の求めている商品をできるだけ短時間で探し出すことが大切ですが、クレーム処理の場合は、あくまでお客様の気持ちが最優先ですから急いだら失敗します。

のちのち、ちがう分野の人と仕事をする時には、自分たちの世界の常識を、それについてはぜんぜん知らないという人たちに説明しなければならないわけじゃない?その前に練習として妻に話すと「ここがわかりにくい」と適切な助言をくれたな。

スーパーで買い物をしていて、すごく食べたいと思うものは、身体が欲しているものだと思うんです。たとえば、「今日はお肉が食べたいな」と思ったら、焼き肉にするとか。食べ過ぎはよくありませんが、我慢するのはもっとよくありません。身体の声に耳を傾けて、身体が欲することにちゃんと応えてあげるよう心がけています。

米国貿易会社で、私は大変な厚遇を受けており、好景気の波に乗って夢中になって仕事をしている限り、居心地は極めてよかった。しかし、夜半、ふと一人目覚めて「いったい、このままでいいのかしらん」と反省することがないでもなかった。最初、数年の貿易実習のつもりが、20余年にわたっていたのである。
【覚書き|この後、学生時代の同級生に誘われ厚遇を捨て中外貿易会社を設立した】

未来というものは、過去と現在の連続にあるものです。だからこそ、過去から現在の流れを見ることで、その先が見えるときもあります。私は、「PCからモバイルへ」という大きな時代の流れが、メディアやインターネットの歴史の中にどう位置付けられているかを常に考えてきました。

私はよく「20点でもスタートし、60点になったら合格」と言っています。最初から100点出してからでないと始められないというのでは、足が止まってしまいますから。また、スキルや知識は陳腐化します。常に学び、残りの40点を埋め続ける姿勢こそ大事。

リンナイは世界中のどのライバルメーカーも取り組んでいなかった「ガス器具のアナログとデジタルの融合」に乗り出しました。バルブの閉会で出力を調整するアナログのメカニズムを、デジタル技術で制御するのです。そうすれば、微妙な火加減調整が簡単になり、コンロの消し忘れを自動消火することもできて安全性が高まります。安全性という品質を少しでも高めようとする勇断が、並み居る大企業の機先を制することにつながりました。

ページの先頭へ