心屋仁之助の名言|母親の顔色をうかがって生きてきた子供は、大人になっても周囲の顔色をうかがい続ける

母親の顔色をうかがって生きてきた子供は、行動や価値観の中心軸を自分に置かず、他者に置く習慣ができています。ですから大人になっても、周囲の顔色をうかがい続けます。

心屋仁之助 の経歴

心屋仁之助、こころや・じんのすけ。日本の心理カウンセラー。兵庫県出身。桃山学院大学卒業後、大手物流企業に入社。現場営業や営業企画部門管理職として19年間勤務。その後、心理療法と出会い心理カウンセラーとして独立。性格リフォームを専門としたカウンセリングを行う。NLPマスタープラクティショナー。著書に『光と影の法則『性格は捨てられる』『人間関係が「しんどい!」と思ったら読む本』『「自分がイヤだ!」と思ったら読む本』『「めんどくさい女」から卒業する方法』『すりへらない心をつくるシンプルな習慣』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

報告の際は、まず起こった出来事を一文で伝えること。会議やプレゼンでも、「今日は○○について話します。それにより皆さまにはこういうメリットがあります」と、目的をまず話す。そのあと内容の詳細に入っていくのが正解。

技術者に負けない知識を持っているから、メーカーに注文もつけられる。

訊く力(質問する力)や聴く力(傾聴する力)の欠如は、ビジネスにおいて破滅に至る道です。

日本は技術の国だ。それが国を成長させたことに間違いはないが、目に見えるものだけが技術ではない。技術というとものづくりをイメージしますが、経営もまた技術なのです。

以前、元ライブドア社員たちの同窓会に出席した。ライブドアOBは、いまや社会のいろんなところで活躍している。びっくりしたのは、150人ぐらい集まった中で、「社長」の名刺を持っている者が30人もいたことだ。だから、僕は思う。ちょっと品のない表現になるが許してほしい。会社に残ろうが外に出ようが、そんなことは関係ない。あのころのライブドアには、「タマを抜かれた奴」は一人もいなかった。一時でも会社を預かった者にとって、こんなにうれしいことはない。

個人のアカウンタビリティ(説明責任)が非常に重要になります。常に会社の収益と自らの業務とを関連付けながら、合理的かつ論理的に説明する責任と能力。従来、こうした説明責任は経営者に求められるものでしたが、グローバル経済の中でM&Aにさらされている昨今、いちサラリーマンにも必須の能力です。

「技術」のイノベーションとともに、「価値」のイノベーションを生み出すことが市場を広げるうえで、とても重要。

人と話すなら、電話より対面の方がいいだろう。表情や身ぶり、声のトーンから、より多くの刺激を受けられる。

一国の興亡、一家の盛衰を考えるに、その興(おこ)りは質素勤勉に基づき、その亡ぶところは驕奢遊惰(きょうしゃゆうだ)を原因としないものはない。

既存店を良くするには、地域地域で異なるお客さんの生活に何が必要かを考え、店舗スタイルを変えるしかない。おにぎりが美味しいのはもはやあたりまえ。それだけでわざわざ離れたコンビニにはいかないでしょう。品ぞろえを変えれば受け入れられるというのは、僕に言わせれば驕りです。いまの人は、忙しい中、便利さだけでなくホッとするものを求めている。

ページの先頭へ