心屋仁之助の名言|母親の顔色をうかがって生きてきた子供は、大人になっても周囲の顔色をうかがい続ける

母親の顔色をうかがって生きてきた子供は、行動や価値観の中心軸を自分に置かず、他者に置く習慣ができています。ですから大人になっても、周囲の顔色をうかがい続けます。

心屋仁之助 の経歴

心屋仁之助、こころや・じんのすけ。日本の心理カウンセラー。兵庫県出身。桃山学院大学卒業後、大手物流企業に入社。現場営業や営業企画部門管理職として19年間勤務。その後、心理療法と出会い心理カウンセラーとして独立。性格リフォームを専門としたカウンセリングを行う。NLPマスタープラクティショナー。著書に『光と影の法則『性格は捨てられる』『人間関係が「しんどい!」と思ったら読む本』『「自分がイヤだ!」と思ったら読む本』『「めんどくさい女」から卒業する方法』『すりへらない心をつくるシンプルな習慣』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

スポーツの世界では、高い目標を設定し、その目標に対する達成意識の高さ、情熱の維持、実現プログラムの完成度の高さ、必須条件の克服のための飽くなき努力について、一般社会・企業人よりはるかに上を行くものがあります。私はスポーツに習い、目標を達成する組織風土をつくりあげていきたいと考えています。

川西勝三の名言|目標を達成する組織風土をつくりあげる


AD時代、身体的にも精神的にもボロボロで、現場の隅で泣いたことも一度や二度じゃないですよ。毎日、逃げよう、辞めようとばかり思っていました。それでも僕が辞めずにいられたのは、拠り所となる一点があったから。それは小学6年生で出会って「うわっ!」と思って以来、いまも大好きなロック音楽です。その側に自分がいると実感できたから楽しめた。

堤幸彦の名言|僕が辞めずにいられたのは、拠り所となる一点があったから


目は目を見ることができない。指は指を指すことができない。誰でも自分のことは案外わからないものだ。

ハンス・アンデルセンの名言|自分のことは案外わからない


イノベーションを生むには、それを見極める目を持ったリーダーの育成が必要。

高岡浩三の名言|イノベーションを生むには、それを見極める目を持ったリーダーの育成が必要


部下の動機づけのために上司ができることは何でしょうか。基本的には部下が自分で気づくのを待つしかありませんが、気づきやすい環境をつくることは可能です。そのために、私は3つのことができると考えています。ひとつは、会社の中長期の目標を明確にすることです。2つ目として、上司が質問すること。3つ目として、あえて部下を反発させて奮起させるのも有効です。

横田雅俊の名言|部下を動機付けする3つの方法


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ