心屋仁之助の名言|いい人であることは、本人にとって息苦しいもの

このエントリーをはてなブックマークに追加

カウンセラーとしての経験から言いますと、人間関係で悩みやすい人には、明確な特徴があります。それは一言で言うと「真面目」だということです。いわゆる「いい人」と言い換えてもいいでしょう。いい人であることは、本人にとって息苦しいものです。周囲の人々全員に対して、いい人で居続けることはまず不可能だからです。


心屋仁之助 の経歴

心屋仁之助、こころや・じんのすけ。日本の心理カウンセラー。兵庫県出身。桃山学院大学卒業後、大手物流企業に入社。現場営業や営業企画部門管理職として19年間勤務。その後、心理療法と出会い心理カウンセラーとして独立。性格リフォームを専門としたカウンセリングを行う。NLPマスタープラクティショナー。著書に『光と影の法則『性格は捨てられる』『人間関係が「しんどい!」と思ったら読む本』『「自分がイヤだ!」と思ったら読む本』『「めんどくさい女」から卒業する方法』『すりへらない心をつくるシンプルな習慣』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

楽しく過ごすことは、私にとって人生のテーマ。何をやるにしても楽しいことが見つけられるように、普段から心がけています。

元の会社の経理だった妻と2人で起業しました。「自分1人で会社の売り上げの半分を稼いだ」という自信と勢いだけで始めてしまったので、企業経営に関しての無知さは融資をお願いした信用金庫の方があきれるほどでしたね。

人は追いつめられると、今まで気づかないことが見えてくる。その結果、続々とヒット商品が生まれたり、新しい戦略に転換したりと活路を見出すことができる。

三洋電機を創業した井植歳男さんの言葉で、自分自身も肝に銘じていた一言があるんです。「部下は苦境に立つと必ず上司の顔色をうかがうようになる。上に立つ者は苦しい時こそ笑顔を見せろ」創業者は口に出して言うだけではなく、その言葉を身を持って我々に教えてくれました。

中間管理職にとって一番必要となるスキルは、「相手の状況を見る力」です。相手は今何を考えているか、余裕はあるか、こちらが伝えたい事柄についての意識はどの程度か、など。上司と接するときはとりわけこのスキルが必要です。

W杯は日本のサッカーファンが熱狂するキラーコンテンツであることは否定しません。でも、僕はそもそもW杯を起爆剤にしようとは考えていません。予選で負けることだってあるわけだから、そんなものを当てにはできません。やるべきはスポーツ好き、サッカー好きの子供をどう育てていくか、優れた指導者をどう育てていくかという底辺づくりです。それなくしては、将来の日本のサッカーの発展はあり得ません。

やりようはあるんですよ。こういった状況(不況)でも、いいところはいいわけですから。

ページの先頭へ