稲盛和夫の名言|人生を成功に導く王道

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分が本当に正しいと思う判断を行い、持てる能力を発揮し、常に情熱を傾ける。それが人生を成功に導く王道。


稲盛和夫 の経歴

稲盛和夫、いなもり・かずお。日本の経営者。「京セラ」「第二電電(のちのKDDI)」創業者。鹿児島出身。鹿児島大学工学部卒。技術者でありながら会計に明るく、「アメーバ経営」など独自の経営手法で同社を大きく成長させた。事業だけにとどまらず盛和塾という私塾を主催し後進の経営者育成を行った。京セラの会計についての著書『実学』がベストセラーとなった。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人間というものは、ものごとに対し常に二つの理由をつけるものだ。ひとつは「まことしやかな理由」。もうひとつは「本当の理由」。

経営者の大きな仕事は、長期にわたり儲かる仕組みを構築することである。

朝の勉強会で社外とのつながりをつくっておくことは、社長にとって非常に重要な意味を持ちます。社長と同じ目線を持つ話し相手は同じ会社の中には存在しません。例えば経営者サイドということで専務に相談したとしても、専務には専務としての立場と目線があります。つまり、他社の社長でなければ同じ立場で話すことができないのです。朝の勉強会に出席すれば、相談できる仲間が必ずいるというわけだ。

たまに「俺この前の舞台でメッチャウケたわ」とか「合コンでモテて……」なんていうヤツがいますが、誰も他人の成功した話なんて聞きとうないんです。後輩を客観的に見ていても、可愛がられるヤツというのは「スキ」がある人。「おまえ、アホやな」と言われるくらいのほうがちょうどいい。完璧な人は仕事はできるんやろうけど人間味がなくて「こいつと飯行こう」とか「一緒にいて、居ごこちがいい」とはなりません。

私はおっとりしてると言われるけど、「こうしたい!」と思ったら突き進んでしまう迷惑な人なんです(笑)。

社内にベンチャー推進室を立ち上げました。社員にも私と同じように、「やりたいこと」にこだわってほしいと願うからです。

社会に出て以来、通産省、外務省、世界銀行、サントリー、環境大臣、外務大臣、総理大臣補佐官、参院議員と職場や仕事を変えてきました。転職するときにはいろいろ思い悩むこともありました。ただ、振り返ってみると、それぞれの職場で学んだことは、後々の仕事に役立っています。ですから、「何を選択しても大丈夫」「結果は大して変わらない」と思っています。

ページの先頭へ