稲盛和夫の名言|歯を食いしばって頑張ってきた

このエントリーをはてなブックマークに追加

つらいことはいくらでもありましたが、歯を食いしばって頑張ってきました。


稲盛和夫 の経歴

稲盛和夫、いなもり・かずお。日本の経営者。「京セラ」「第二電電(のちのKDDI)」創業者。鹿児島出身。鹿児島大学工学部卒。技術者でありながら会計に明るく、「アメーバ経営」など独自の経営手法で同社を大きく成長させた。事業だけにとどまらず盛和塾という私塾を主催し後進の経営者育成を行った。京セラの会計についての著書『実学』がベストセラーとなった。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

多くの管理職は、経営上部とのやり取りを「生臭い話」や「機密事項」といって、部下に話すのをためらいます。しかし私は、情報開示はなるべくしたほうがいいと思っています。もちろん、部下には話せない情報もあるとは思います。でも、チームの一体感をつくるうえで、情報開示は非常に大事です。管理職と同じ問題意識をメンバーにももってもらうためです。

自分がやりたいことをやって、ほかにないものをひとつでも開発し、一人でも二人でも雇用を生み出す。すごく価値のあることじゃないですか。ところが世間は、大金を生み出す人だけを「成功者」と言う。では、失敗した人は意義のある仕事をしなかったのかというと、そうではない。事業を興して一人でも雇用すれば、サラリーマンで一生を終える人より、よっぽど社会に貢献していると思いませんか。

いいかげんな思い付きで意思決定をしても、会社に成果をもたらし、顧客の利益に資すれば、それは良い意思決定だったことになる。一方で真剣に考え抜いた意思決定でも、会社にマイナスの効果しかもたらさず、顧客の不興を買うようであれば、悪い意思決定だ。

過去には本田宗一郎や松下幸之助など優れた経営者もいたが、彼らは天才だ。普通のビジネスマンが強い経営者になるには教育をしっかり受けなければならない。

嫌な上司や仕事ができない上司が職場にいるのはよくある話ですが、そこで文句を言っても何も始まりません。それは外せない条件と理解したうえで、自分のミッションは何なのか、何ができるのかを考えることが重要です。

ビジネスは誰としても良いが、ヨットレースは紳士としかやってはいけない。ヨットの維持費を問題にするような人間には船を買う資格はない。
【覚書き|モルガンは無類のヨット好きだった】

人は自分の話を聞いてもらうと、存外嬉しいものです。ましてや、初めて会った人が自分の話を熱心に聞いてくれると、感動すら覚えたりします。自分の話を聞いてくれる相手には当然、親しみを持つし、好感度も増します。反対に、相手の話を聞くのも楽しいけれど、一方的に聞かされると、苦痛になってしまいます。

ページの先頭へ