稲盛和夫の名言|仕事でミスや失敗をしたら、反省をし、そこからまたやり直せばいい

このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事でミスや失敗をしたら、反省をし、そこからまたやり直せばいい。


稲盛和夫 の経歴

稲盛和夫、いなもり・かずお。日本の経営者。「京セラ」「第二電電(のちのKDDI)」創業者。鹿児島出身。鹿児島大学工学部卒。技術者でありながら会計に明るく、「アメーバ経営」など独自の経営手法で同社を大きく成長させた。事業だけにとどまらず盛和塾という私塾を主催し後進の経営者育成を行った。京セラの会計についての著書『実学』がベストセラーとなった。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

誰でも分かる身近な言葉を使い、いろいろなところで発信し続けると浸透していく。

若い人たちが発想するアイデアには、私たちの世代の感覚からすると「違うんじゃないか」と思うものもあります。しかし、やってみると意外に顧客に好評であることが多い。

いまの自分は「元陸上選手」以外に、明確に何者だとはいえない。政治の世界にもまったく関心がなく、できればタレント以外の道に行きたい。可能性のひとつとして経営への道を探っている。社会に価値を提供し、インパクトを与えるには、組織を大きくするのが一番だ。

「お客さまを好きになり、お客さまの役に立ち、お客さまとの約束を守る」。これが「アイ・ケイ・ケイウェディングのプロ」の条件です。誰でも好きな人のためには一所懸命、何でもやってあげたいと思いますよね。そして、その人が笑顔になってくれたら、それだけで自分もうれしくなるものです。

お客様の要望をすべて聞けばいいというわけでもありません。聞かなければならないものと、そうでないもの。その峻別が大事。

当社は成長に限界を求めない人を必要としています。

仕事は「初動」と「プロセス」と「結論」の3段階に分けられます。できる人は、どの段階においても連絡義務を怠りません。解答に時間がかかる場合は、「いついつまでに返事します」と連絡するのです。仕事は共同作業という意識を持っているからこそ、相手に不安を与えない仕事運びを心がけるのです。この意識があるかないかで、クレームやトラブルの発生件数に大きな差が出ます。

「表情を描くってどういうことなんだろう」って、いまだに悩んでます。

お客様は、よく分かっています。消費者の方が社内のマーケッターよりも利口なんです。マーケッターは理屈ですが、消費者は直感です。ヒット商品が出る時には、自分でも「これは売れるな」という予感がします。

クラシエはかつてのような大組織ではありませんが、全員が一丸となるにはちょうどいいサイズになりました。いい商品を出し続け、リピーターを増やしながら、愛される会社に育てていきたいと思っています。
【覚書き|旧カネボウが分割されクラシエができたことについて語った言葉】

ページの先頭へ