稲盛和夫の名言|考える内容に悪いものを混ぜてはいけない

このエントリーをはてなブックマークに追加

人生は、心の中で強く思ったことが原因となり、その結果が現実となって表れる。だから考える内容が大切で、その思念に悪いものを混ぜてはいけない。


稲盛和夫 の経歴

稲盛和夫、いなもり・かずお。日本の経営者。「京セラ」「第二電電(のちのKDDI)」創業者。鹿児島出身。鹿児島大学工学部卒。技術者でありながら会計に明るく、「アメーバ経営」など独自の経営手法で同社を大きく成長させた。事業だけにとどまらず盛和塾という私塾を主催し後進の経営者育成を行った。京セラの会計についての著書『実学』がベストセラーとなった。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

体調を整えるには、「毎朝同じ時刻に気持ちよく目覚めること」が何より大切です。

私は集中すべき仕事に関しては、大学の授業時間と同じ一時間半を一コマと考えて組むようにしています。これは、長年大学で教えていて慣れているからでもありますが、そもそもそれ以上の時間だと、人間の集中力はなかなか続きません。そして、時間を取るべき仕事のあとにはあえて5分、10分で終わる仕事を入れてメリハリをつけています。

理想形を示すのは、トップの意志の伝え方として重要です。これは、私もずっと心がけています。

私はまだ世には出てきていない新しい分野を探しました。未開拓分野で第一人者になる方が、すでにでき上がった分野で競争するよりも、よほど刺激的だと考えたからです。

社長就任に際して、社内では「現場、現物、現実の三現主義を徹底する」と宣言しました。民間銀行で育ってきた人間として、それらの重要性を痛感しているからです。

歴代の社長が、節目で在庫を引き揚げて特別損失を計上し、経営に大きな打撃を与えてきた。私にとっても、前回の社長時代に解決できなかった課題のひとつだ。今回は単なる在庫の回収ではなく、二度と在庫をためないための仕組みを作る。次の世代に「負の遺産」を残さないための取り組みで、再販制度が廃止されて以来の歴史的な転換点と位置づけている。

一晩考えて、会長兼社長就任を受けたのは大きく二つの理由からだ。50年近く世話になった日立が未曽有の危機に瀕している。馳せ参じなければならないという思いがまずあった。もうひとつは、グループ会社に出ていた経験が逆に生かせると考えたからだ。
【覚書き|2008年の世界金融危機で7873億円という巨額赤字を出した日立本社から会長就任要請を受けたときを振り返っての発言】

ページの先頭へ