稲盛和夫の名言|あえて厳しい環境を見出していけば、必ず成長できるはず

このエントリーをはてなブックマークに追加

私がそうだったように、あえて厳しい環境を見出していけば、必ず成長できるはず。


稲盛和夫 の経歴

稲盛和夫、いなもり・かずお。日本の経営者。「京セラ」「第二電電(のちのKDDI)」創業者。鹿児島出身。鹿児島大学工学部卒。技術者でありながら会計に明るく、「アメーバ経営」など独自の経営手法で同社を大きく成長させた。事業だけにとどまらず盛和塾という私塾を主催し後進の経営者育成を行った。京セラの会計についての著書『実学』がベストセラーとなった。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

現在、企業の内と外を隔てる壁は風穴だらけで、人も情報も知恵も容易に出たり入ったりしてしまいます。優秀な頭脳と発想は組織内に抱え込んでいられないし、むしろその必要がなくなっています。

成功した人たちの話には、ドラマがあります。飽くなきチャレンジを繰り返し、成功もすれば失敗もしている。そんな山あり谷ありの人生からつむぎだされるストーリーが面白くないわけがありません。彼らは失敗や挫折した自分を躊躇せずにさらけ出す強さも持っています。「この人でもこんな失敗をしているんだ」という意外性は、相手の共感と信頼を生み出します。

私は日本の建築土木技術は世界一だと思っています。だけど、プロジェクトマネジメント能力はそこまでいっていない。マネジメント能力のある人材を育てる必要があるでしょう。それは何も日本人である必要はない。外国人で、そういう能力のある人がうちの会社にいてくれるようにすればいいのです。それには、国際的にも通用する給与体系、人事体系にしていかなければなりません。日本人を相手にしているだけではダメなのです。

商社の仕事は忍耐強く取り組むことも、非常に大事。

大切なのは推敲。小説であれ、会社の業務であれ、ひと呼吸置いて、客観的な視点で俯瞰すべきですよね。推敲によって質は高まり、その繰り返しが、結果的にスピードを加速することにつながる気がします。

三菱自動車の再建は、五合目付近まで来たと思っています。ただし、いままで登ってきた一合より、これから登る一合のほうが、傾斜もきつくなりますし、酸素も薄くなりますから、踏破するのはもっと大変です。ですから、景色がよくなってきたからといって、気を緩めてはいけません。

競争相手は顧客です。つまり、お金を払う価値がないと思われないように、顧客の価値創造で継続的に勝てるかどうか。

私は「いいな」と憧れる人に出会うと、「自分もこんな生き方がしたい」と影響を受けやすい。地元出身で早稲田大学のラグビー部で活躍する先輩がいて、とても格好よかった。そんな彼から「おまえもウチに来いよ」と誘われたものだから、進学先は早稲田大学しか考えられなくなった。

「頑張っています」「一生懸命やっています」という言葉も、売れない営業マンに多い口癖です。これは保険言葉。わかりやすくいえば言い訳です。つまり、「頑張っているから、成果が出なくても認めてください」と言っているわけです。営業は成績がすべての世界。厳しいですが、保険言葉を使っているうちは成長しません。

ネットとリアルが融合される世界では、これまで以上にリアルの「近くて便利」という価値が威力を発揮する。リアルの店舗の網の目を細かくしていく重要性は、これまでとは異なってきている。例えば、米国のセブンイレブンには米アマゾン・ドット・コムが、宅配ボックスの「アマゾンロッカー」を置かせてほしいと言ってきている。ネットで強力な力を持つアマゾンでさえ、最終的にはリアルの力を必要とする。彼らもそれがなくて困っているのだろう。

ページの先頭へ