稲盛和夫の名言|逆境に耐える努力を

このエントリーをはてなブックマークに追加

ここで生きていかざるをえないなら、これ以上、不平不満をいっても仕方ない、逆境に耐える努力をしよう。


稲盛和夫 の経歴

稲盛和夫、いなもり・かずお。日本の経営者。「京セラ」「第二電電(のちのKDDI)」創業者。鹿児島出身。鹿児島大学工学部卒。技術者でありながら会計に明るく、「アメーバ経営」など独自の経営手法で同社を大きく成長させた。事業だけにとどまらず盛和塾という私塾を主催し後進の経営者育成を行った。京セラの会計についての著書『実学』がベストセラーとなった。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

危機的状況のときほど、部下の緊張を解きほぐしてフロー状態に近づけるためにリーダーはユーモアを活用すべきです。暗い雰囲気のときでも、空気を換えて部下をリラックスさせ、潜在能力を発揮できるよう促すのがリーダーの務めです。

失敗はいつも結果として表れます。起こるに至った経過はその時点では見えていない。しかしその後、同じような失敗を繰り返さないよう、その失敗を生かすためには、失敗という結果に至るまでの「経過」=「脈絡」を自分で把握する必要がある。

大切なのは、部下のトラブルを解決するために上司として何ができるかと考え、「ピンチ」から「学ぶ場」に変えること。

社長になってみて責任の重さ以外は何も変わりませんでした。人を信じて「自然体」で接し、組織の力を引き出していく。社長になっても、今までと同じスタイルを貫けばよいのだと前向きに考えています。

会社って、いつも順調に成長できるほど甘いものではない。うまくいってはダメになり、そこを乗り越えて大きくなってはまたダメになるという繰り返し。だから失敗するのは、ある意味あたりまえ。

情報革命というのは、同じ志を持った多くの同志たちによって成される。

いくら職場でつらい目に遭っても、私は決して相手を非難したり、喧嘩をしたりすることはありませんでした。今にして思えば、当時の上司や同僚たちも、決して悪気があったわけではないのでしょう。今まで男ばかりの世界だったのに、急に女性が入ってきたから、どうやって接したらいいのかわからないだけだったのだと思います。そういう人たちを相手に闘っても仕方がありません。必要なのは、相手を受け入れるだけの包容力を身につけること。それがどんなに困難な局面でも乗り越える力になります。

長い過去も、これからの行動いかんによって評価される。輝かしい過去ではなく、これから先の仕事によって、経営者としての評価が変わっていく。

「じつはこの物件なんですが、これこれこういう理由でお客様にはあえてお勧めしません」というようにマイナスの部分をあえてさらけ出す。いいことばかりしか言わない営業マンに対し、どうしても人は警戒心を抱くもの。その逆を言ってやることで、「この人は他と違うな」「ホンネで話してくれる人だな」という印象になる。

事業が世の中のためにならなくてはいけませんので、いつまでも企業理念に沿って歩み続けたいと思っています。具体的には「雇用の創造・人々の成長・社会貢献」ということを目指し、お客様に信頼されるものを持つ会社になるということです。この部分は経営者が変わっても、絶対に変わらずにありたいと思っています。

ページの先頭へ