鈴木敏文の名言|いつまでもミスや失敗にとらわれず、常に前に進むことを考えるべき

このエントリーをはてなブックマークに追加

いつまでもミスや失敗にとらわれず、常に前に進むことを考えるべき。


鈴木敏文 の経歴

鈴木敏文、すずき・としふみ。日本の経営者。セブン&アイホールディングス会長。中央大学経済学部卒業後、書籍取次大手のトーハンに入社。その後、イトーヨーカ堂へ移り、創業者伊藤雅俊の右腕として活躍し、セブン-イレブン・ジャパンを設立。コンビニエンスストアという形態を全国に広め小売業界を激変させた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

日本では大企業の社長に会わせてもらえないが、海外メーカーは話が面白そうだと感じてもらえれば、会ってもらえる。

ビジネスは基本的に現場で学ぶものです。学校ですべて学べるなら、大学やビジネススクールの先生が企業家になったら、その企業はみんなエクセレント・カンパニーになる。でも現実には、そんなことはありません。やはり、現場が何よりの学びの場です。

「会社の成長とは事業の成長にあり、事業の成長とは個人の成長」だと考えています。個人が成長しなくても事業を成長させるやり方はあると思うのですが、そうはしたくありません。

露骨に大声で相手を批判したって伝わらない。チャーミングに反論する努力が日本全体で不足してきた気もします。

ニューバランス本社の体質として、アメリカの方針を強引に押しつけるということはありません。アパレルの5割は日本で商品開発しています。シューズに関しても3割程度。外資のスポーツメーカーの中で、シューズを日本で開発しているところはほとんどない。

ゴルフ場開発で巨額の損失を出したことは、大企業病の典型でした。岡田事件という節目があり、一度は治ったんですが、300年の歴史がある業界随一の特定銘柄の会社で、いいお客様がたくさんいらっしゃることに慣れてしまうんですね。私もトップの動きをけん制できなかった。
【覚書き|役員の一人として、ゴルフ場開発の巨額赤字を防げなかったことについて振り返った言葉】

商談で最初に仮説を提示すれば、後は質問を繰り返すことで、自然な形で会話を続けて、顧客の課題を明らかにできます。

ページの先頭へ