鈴木敏文の名言|克服しようと努力すれば、なんとかできるようになる

このエントリーをはてなブックマークに追加

人間、劣等感があっても、自分でなんとかしようと考え、克服しようと努力すれば、なんとかできるようになる。


鈴木敏文 の経歴

鈴木敏文、すずき・としふみ。日本の経営者。セブン&アイホールディングス会長。中央大学経済学部卒業後、書籍取次大手のトーハンに入社。その後、イトーヨーカ堂へ移り、創業者伊藤雅俊の右腕として活躍し、セブン-イレブン・ジャパンを設立。コンビニエンスストアという形態を全国に広め小売業界を激変させた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

雑談の最大の秘訣は「どうでもいいこと」を話題にして、それをいかに楽しめるかにあります。

危機感を共振しているかどうかが大変重要。グローバル化というのは、物理的な空間が非常に広がるわけですから、いくらITが進歩したところで、物理的な空間が広くなればなるほどトップと社員との距離が広がってしまい、共振することがそれだけ難しくなる。

不況から二度と浮かび上がれないのが真価のないブランドです。不況はブランドの試金石ともいえます。

私を含めた役員は、できるかぎり現場に行って、ツアーに参加してくださったお客様にご挨拶をするようにしています。ゴールデン・ウィークなどの繁忙期になれば、部門に関係なく手の空いている社員総出で、交通整理などにあたります。こうしたことを通じてお客様と直接接することで、いろんな発見ができると思うのです。

忘れることを恐れずに、まず大量の英単語に接する。その繰り返しの中で、絶対に忘れない単語がひとつふたつと増やせればいいのです。ここで気を付けたいのは、「忘れて当たり前」ですが、「覚える努力は怠らない」ということです。

ワークライフバランスを考えることは重要ですが、私は、若いうちは仕事に没頭する時期があってもいいと思います。失敗や挫折を含め、いろいろと経験したほうが40代以降いいリーダーになる人は多いし、その後の選択肢も増えます。

財産はいくら積んだとて、あの世へ持って行けるものでもない。

ページの先頭へ