アラン・シアラーの名言|チームの為に110%出し切ったと言える

俺は毎晩家に帰って鏡に向かい、ニューカッスル(当時の所属チーム)の為に110%出し切ったと言える。

アラン・シアラー の経歴

アラン・シアラー。プロサッカー選手(FW)、監督。イギリス・タイン・アンド・ウィア州出身。イングランド代表も務め、エースストライカーとして活躍。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

与えることは最高の喜びだ。他人に喜びを運ぶ人は、自分自身の喜びと満足を得る。

岡谷鋼機の日誦(にっしょう)五則

一、外を飾らず心を磨くべし
一、分限を知り贅(ぜい)を慎むべし
一、虚を憎み誠を重んずべし
一、働くを楽しみ懶(らん)を羞(しゅう)とすべし
一、責任を知り力を協すべし
【覚え書き|懶=ものぐさ】

今、力を入れているのが人材育成です。採用もままならない時期が続きましたから人材が育っていないんですね。機械は進歩しましたが、タオルは複雑な織物です。基本を理解していなければいいものは織れません。そのため検定試験も復活させています。

人間、時間がないと思えば決断を先延ばししなくなる。即断即決しなければ仕事が回らない状況を作ることが大切。

「地元の足を守る」という考え方だけではダメ。ローカル線に魅力を感じる都会の人たちを呼び込み、地域にお金を落としていってもらわなければならない。

頭を殴りつけられるような作品との出会いが、自分の大切な一部になっているという感覚があります。他人より欠落の多い人生なので、そういう出会いがなければ今日まで生きてこられなかったかもしれません。

話がうまく通じない人の多くは、相手の話がちゃんと聞けていません。聞く力がつけば、同時に話す力も自然とアップするはずです。加えて、自分の意見に説得力を持たせようと思ったら、なぜ自分はそう思うのか、裏付けをきちんと説明することです。裏付けが加わって初めて、論理的に相手を説得することができるのです。

できる営業マンというものは、昔から質問が上手、と言われてきた。お客に何かを「売る」以前に、「この人は何を求めているか、何に困っているか」を知ろうとする。その「知る」手段が、相手の価値観や生き方、生活などに対する質問なのである。

(りそな銀行の改革に)花王の元副社長、渡邉正太郎氏らメーカー出身の社外取締役がいたことも大きかった。1円1銭までコストを削るメーカーの発想で、社内の業務プロセスの無駄を見直してもらったのです。

面接では経歴書を見て、何をしていたのかなどという質問はしません。まず聞くのは「どう生きてきたのか」。優れている点を自分で語ってもらう。そして「何をしていたのか、なぜ辞めたのか、うちで何がしたいのか」を話してもらい、それぞれ質問をします。良い営業は相手に選ばせる。さらに「海外展開するべきか、する場合にはどのようなリスクがあるか、上手く行く根拠はあるか」といった現場感のある具体的な質問をする。必ずしもその考え方や答えが私と合っていなくても良いのです。つじつまが合う論理的な返答を一瞬で考えられるか。ロボット産業を完璧に知っている人などそういませんし、MUJINの製品知識も深い訳ではありませんから、ロジカルに考えて即答できる地頭の良さを見るわけです。

ページの先頭へ