萩尾望都の名言|自分が感動したものを、また伝えたい

このエントリーをはてなブックマークに追加

物語の世界に私は救われたし、とても楽しいと思う。そういった自分が感動したものを、また伝えたい。

萩尾望都 の経歴

萩尾望都、はぎお・もと。日本の漫画家。福岡県出身。幼少期から絵を描くことに没頭。高校二年時に漫画家の道を進むことを決意。高校卒業後、雑誌『なかよし』夏休み増刊号でデビュー。代表作に『ポーの一族』、『トーマの心臓』、『11人いる!』、『残酷な神が支配する』、『バルバラ異界』。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ名言

ページの先頭へ