萩尾望都の名言|自分が感動したものを、また伝えたい

このエントリーをはてなブックマークに追加

物語の世界に私は救われたし、とても楽しいと思う。そういった自分が感動したものを、また伝えたい。


萩尾望都 の経歴

萩尾望都、はぎお・もと。日本の漫画家。福岡県出身。幼少期から絵を描くことに没頭。高校二年時に漫画家の道を進むことを決意。高校卒業後、雑誌『なかよし』夏休み増刊号でデビュー。代表作に『ポーの一族』、『トーマの心臓』、『11人いる!』、『残酷な神が支配する』、『バルバラ異界』。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

現場では「お客様目線」で、つまりお客様が感動するかどうかを基準にして、サービスやレストランの味など、あらゆることを見ています。ペンキが剥げていないか、場内の案内板はわかりやすいか、ゴミは落ちていないかなど、お客様が不満に感じるだろうことすべてに目を光らせ、至らない点が見つかれば、すぐに改善を指示しています。

大切なことは、感動と共感を与えられる作品を世に出していくこと。そのために、社員全員に1作1作、良い作品作りに注力してほしい。

人は自ら発見したことに感動し、感動によって成長するものです。

業務上、強く意識しているのは、「ソライズは、ここまでやるか」と言われるまでやりきり、お客様に感動していただくことです。

すべては「お客さまの感動のために」――これが、当社の経営理念の核です。何か現場で迷ったときも、この理念に合致するかどうかで判断ができます。

お客様の期待をいかに超えるか。満足していただくだけでなく、感動していただけるかどうかが私たちの基本姿勢。

最近は意識的に他店に訪れることを制限しています。僕は感動屋なんです。だからほかの店をみると、すぐに感化されて真似したくなる。桐生から東京に出てきたときもそうでした。「こんなにいい店があるんだから参考にすべき」だと考えて、いろいろと自分の店にも採り入れたりしてね。でも、今度は逆に、ホットランドの個性がなくなるんじゃないかと心配になってきた。真似ばかりでは、何のために自分でお店をやっているのかがわかりません。そこで、ホットランドらしさを大切にするために、最近はあえて外を見ないようにしているんです。

仕事の意味が、生活するために変わった瞬間、感動のサービスは生まれなくなる。

いつも感動する言葉を持っていることは、逆境でも自らの励みになる。

どうすれば相手に喜んでもらえるのか、あるいは感動してもらえるのかを常に考えて行動するようにしています。これはビジネスでもプライベートでも同じだと思います。

ページの先頭へ