鈴木康夫の名言|経営者は自分のやっていることを見てもらい、説明し、一緒になってやることが大切

このエントリーをはてなブックマークに追加

経営者は自分のやっていることを見てもらい、説明し、一緒になってやることが大切。


鈴木康夫(経営者) の経歴

鈴木康夫、すずき・やすお。日本の経営者。試作・金型製造メーカー「アーク」社長。金沢大学工学部卒業後、小松製作所(コマツ)に入社。執行役員、常務、取締役、専務、富士テクニカ取締役、小松製作所産機事業本部長などを経てアークに入社。同社の経営再建に成功した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

世界の人が住んでいる土地と彼らのご先祖について、ちゃんと勉強しなさい。勉強したうえで、自分の足で歩いて回って人々と触れ合って、初めて世界の人のことがよく分かる。

お勧めしたいのは「質問」によるマネジメントです。質問上手なマネジャーは、部下から的確に情報を収集してトラブル解決に導き、部下の「考える力」を鍛えながら、チームのモチベーションも上げることができます。

僕は小さいころから、「どうすれば相手に好印象を与えることができるか」ということにかなり意識的だったと思います。僕が考える相手に好印象を与えるコツというのは、「相手の立場に立って考えればいい」だけのことです。

上司は部下を叱ったらいけません。問題が起こったら、その解決策を探して教えるのが仕事でしょう。

ただの映画好きや裏方で終わらなかったのは、出会った人との縁に救われてきたから。

自分一人が面白いと思ったなら、必ず他にもそれを面白いと思う人がいる。言い換えれば、面白いことに気づいている自分がすでに面白い。クリエイティブというのは、そういうものだと思います。

当社は世の中に無いモノを作ることで成長していく。

誰かを動かそうとするあまり、目の前の人しか見えなくなっている人は多いかもしれない。でも、目の前の人にこだわらなくても、別の人を攻めることで早く同的を達成できることもある。人を動かしたいときは、意識的に視野を広げて、まず誰を動かすかを考えるべきです。

本質的ではないことに振り回されているのが、日本の小売業です。小売業=接客という図式が当たり前のように信じられていますが、私たちはそれを、科学と論理によって実現しようとしているのです。

私はもともと自分に自信があるわけじゃありません。試合でマットに上がるときは、いつも凄く怖いんですけど、負けたくない気持ちは人一倍強いから練習をするというか。臆病だけど、勝負に対して執念深いというか。ちょっと説明するのが難しいタイプです(笑)。

ページの先頭へ