鈴木康夫の名言|後継者を決めることが最も大事な仕事

私は今、再建を引き受けた経営者として、最も大事な仕事に取りかかっています。あと3年の問に後継者を決めたいのです。アークの事業を一番分かっている社内の人たちに、次の経営を託したい。

鈴木康夫(経営者) の経歴

鈴木康夫、すずき・やすお。日本の経営者。試作・金型製造メーカー「アーク」社長。金沢大学工学部卒業後、小松製作所(コマツ)に入社。執行役員、常務、取締役、専務、富士テクニカ取締役、小松製作所産機事業本部長などを経てアークに入社。同社の経営再建に成功した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

運は自ら掴むもの。運は「運ぶ」と書くように、自分の力で引き寄せなくてはならない。

異業種の人たちとの会話には、漫画のストーリーを広げてくれるようなヒントがあり、とても参考になる。

部下に「なぜ?」というオープンクエスチョンを問い続けていくのも有効です。相手も論理立ててものごとを考えるようになるし、複数の人間でやれば情報のシェアにもなります。ただしコンセンサスビルディング(合意形成)はしますが、最終的な決定は自分で行います。

現在売上高はほとんど自動車関連だが、一極集中体制では会社として成長は見込めない。物流も大きな事業に育て、複数本の事業の柱を作っていく。

レストランでいつまでたってもメニューが決められない人がいます。そういう人は、決める前に店員を呼んでしまうと、オーダーしなければならないという。プレッシャーで決断できます。仕事も同様です。作業に時間的制約をつけることで緊張感が生まれ、脳の回転数も上がるのです。

今日の利益のためよりも、明日の利益のために何をしたかが一番。自分だけのためにするのではなく、次の時代のために何をするのかが常に念頭にある。

企業は人の集合体であり、社員一人ひとりが成長しなければ、企業も成長できない。

私はよく「お客様に対する気づきには三段階ある」と言っています。最初は、「お客様の存在に気づく」こと。次が「お客様の行動に気づく」こと。そして最後が「お客様の気持ちに気づく」こと。

今後インターネット技術では発明は生まれないでしょう。既存のサービスやソフトの名前を変えて出すくらいしかありません。インターネット初期から現在に至るまで、一般の人たちは薄々感づいています。

新規事業というものをやめてしまえば、企業も成長は終わり。

生まれてきたからには、何かを成し遂げたい。「世界で一番社会を変える会社を創る」というビジョン通り、世界レベルの会社を作って、いずれは孫に自慢できるような偉大な経営者になることが一番の目標。

僕はテレビなどにも積極的に出ます。見られている職業だと意識して、持ち物やファッションにもこだわります。そうやって目立つ分、「サッカーに集中しろ」なんてバッシングも受けます。アンチも増える。でも、そんな批判さえも力になっています。最初のサンフレッチェ広島時代のような無関心が一番寂しいから。

経営者は社員にどんなにやかましく言っても、根底に思いやりを持って心を使うことが大事。

ページの先頭へ