鈴木康夫の名言|時価総額を意識しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

よく「時価総額を意識して経営しよう」と言いますよね。時価総額って、売上高や利益といった経営指標で大体は決まりますが、その会社が適切な人材育成をしていたら、プレミアムがつくと思うんです。ですので、人材育成をきちんとやるという意味で、私は「時価総額を意識しよう」という言葉を使っています。


鈴木康夫(経営者) の経歴

鈴木康夫、すずき・やすお。日本の経営者。試作・金型製造メーカー「アーク」社長。金沢大学工学部卒業後、小松製作所(コマツ)に入社。執行役員、常務、取締役、専務、富士テクニカ取締役、小松製作所産機事業本部長などを経てアークに入社。同社の経営再建に成功した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私は広報部や国際交流室など、未経験の部門をたくさん経験してきましたが、そのすべての経験がいまにつながっています。

NPOは人や資金などのリソースが限られているので、徹底して効率化しないと業務がうまく回りません。

リーダーシップという点でも、失敗や挫折の経験が役立つことがあります。そうした経験をすると結果的に、「仕事で他の人の手本となり、助言・指導をする」メンターとしての役割を学ぶことができる。

お金儲けをしたいという動機は、不純ではありません。理念でつくりたいという心意気は認めますが、理念に縛られた者は、結局、楽しいものをつくることができないのではないかと感じます。理想主義的感覚は、高貴であっても孤高のものになりすぎ、独善に感じることがあります。

オープンな形で、株主も含めて、あらゆる人たちの声を聞かなければならない。

あのとき、あのスピードでリストラを断行しなかったら、富士通は終わっていた。周りの批判なんて気にしている余裕なんてなかった。

感性が磨かれていればアイデアが浮かびます。そして、自分をサポートしてくれる人がいることに深い感謝が湧き上がる。それが大きな力となって、人に感動を与えられる人間へと成長させる。

ページの先頭へ