鈴木康夫の名言|時価総額を意識しよう

よく「時価総額を意識して経営しよう」と言いますよね。時価総額って、売上高や利益といった経営指標で大体は決まりますが、その会社が適切な人材育成をしていたら、プレミアムがつくと思うんです。ですので、人材育成をきちんとやるという意味で、私は「時価総額を意識しよう」という言葉を使っています。

鈴木康夫(経営者) の経歴

鈴木康夫、すずき・やすお。日本の経営者。試作・金型製造メーカー「アーク」社長。金沢大学工学部卒業後、小松製作所(コマツ)に入社。執行役員、常務、取締役、専務、富士テクニカ取締役、小松製作所産機事業本部長などを経てアークに入社。同社の経営再建に成功した。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

思い切りの良さが起業家かつオーナーの最大の強み。これを合議制で決めていたら、時間はかかるし安全策ばかりになってしまう。

冨田英揮の名言|オーナー起業家の強み


楽観的に考えるか、悲観的に考えるか。ものごとの捉え方が重要です。これは10年以上、会社を経営してきた中で学んだ経験則です。

小笹芳央の名言|ものごとをどうとらえるかが大切


良い商品をつくるだけでなく、営業にまできめ細かく気を配らなければ、商品は売れない。

川端克宜の名言|営業にまできめ細かく気を配らなければ、商品は売れない


採用後、タレント(素質)を見極めて、適材適所に配属します。その人の持ち味を最大限に発揮できるポジションにつけることによって、本人は持てる力を最大限に発揮し、生産性をあげることができますし、会社は従業員から最大限のリターンを得ることができます。

サイモン・クーパーの名言|適材適所の重要性


iRobotの社員たちはその思想(ロボットというのは退屈、不衛生、危険な仕事から人々を解放するものという思想)を前提に、こんなロボットがあったらいいんじゃないかと、常にいろいろなロボット案を提案してきます。つまり、iRobotのロボットは私1人のアイディアから成るわけではなく、iRobotに所属する多く社員たちの考えによって生み出されているのです。ちなみにルンバも例外ではなく、あるエンジニアたちの発想が起点となって、作り出されたものです。

コリン・アングルの名言・格言|コアとなる思想を前提に、みんなでアイデアを考える


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ