鈴木康夫の名言|社内独立制度の問題点

社内独立制度の問題のひとつは企業として技能の伝承や底上げが全くできないこと。技能レベルの高い人がほかの人に何も教えないのです。自分の仕事を奪われては困るから、当然ですよね。

鈴木康夫(経営者) の経歴

鈴木康夫、すずき・やすお。日本の経営者。試作・金型製造メーカー「アーク」社長。金沢大学工学部卒業後、小松製作所(コマツ)に入社。執行役員、常務、取締役、専務、富士テクニカ取締役、小松製作所産機事業本部長などを経てアークに入社。同社の経営再建に成功した。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ビジネスマンにとって降格は大きなショックです。これまでの人生をすべて否定された気持ちになることもあるでしょう。降格に限らず、ショックを受けたときの大前提は「焦らないこと」。ショックが大きいほど、回復までに時間がかかります。まず、気力はすぐに回復しないものであるということを頭においてください。

笹氣健治の名言・格言|大きなショックを受けたときは、焦らず時間をかけて対処する


孔子はある王に「あなたが病に倒れず、誰かに殺されることもなく今、王であること、その運命に感謝しなさい」と言いました。同じことは経営者にも言える。社長になれたのも運命だから、社長であることに感謝しなさい。ガバナンスの根底にはこういう意識があると思っているんです。

ビル・トッテンの名言|社長になれたのも運命だから、社長であることに感謝しなさい


大きな変化には、他社よりも早く、しっかりと対応していけば、大きなビジネスチャンスにつながる。

小嶋淳司の名言|他社よりも早く、しっかりと対応していけば、大きなビジネスチャンスにつながる


ありがたいことなのですが、ジャニーズで幅広い仕事をやらせてもらっていると、お芝居の仕事をしていても、「ジャニーズの岡田准一」として見られる部分があります。だからお芝居では、岡田准一ではなく役柄を愛してもらうことにずっとこだわってきました。

岡田准一の名言|お芝居では、岡田准一ではなく役柄を愛してもらうことにずっとこだわってきました


掲げる目標が本人にとって腹落ちしないと、どうしてもコミットできない。

竹内規彦の名言|掲げる目標が本人にとって腹落ちしないと、どうしてもコミットできない。


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ