鈴木康夫の名言|再建で最初に打った手は3つ

このエントリーをはてなブックマークに追加

アークの再建で最初に打った手は3つ。

  1. ただ規模を追うのではなく、強みを出せる事業に集中する。
  2. 人材育成を見直し、会社の底力を引き上げる。
  3. 工場や営業所の個別最適に陥らず、事業を通した収益やリスク管理を明確にして、戦略を練り上げる。

鈴木康夫(経営者) の経歴

鈴木康夫、すずき・やすお。日本の経営者。試作・金型製造メーカー「アーク」社長。金沢大学工学部卒業後、小松製作所(コマツ)に入社。執行役員、常務、取締役、専務、富士テクニカ取締役、小松製作所産機事業本部長などを経てアークに入社。同社の経営再建に成功した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

役者に「もっと元気よく」と伝えるときでも、相手によって一番効果的な言い方は違います。そして、役者一人一人に最適な言い方ができるのが、一流の演出家なんです。これは有能な上司にもいえることだと思います。

多くの家計は明確な貯蓄目標を立てず、収入から生活費を引いた残りを貯蓄に回すのみである。これでは、よほど収入が多い家庭でない限り、貯蓄できないのは当然だ。企業と同じように破たん回避を前提に家庭を経営していこうと思ったら、まず貯蓄目標を立て、収入からそれを差し引いた残りの範囲内で生活すべきだ。

【貧乏家族】 収入-固定費-やりくり費=貯蓄
【金持ち家族】 収入-貯蓄-固定費=やりくり費

仕事で失敗したという事実は、いくら悔やんでも、引きずっても変えようがありません。まずその事実を素直に受け入れて、原因を自分なりに明らかにすることが次の成果につながる。

僕、プライベートは大雑把なんですが、何というか仕事では絶対に譲りたくないものがあってね。自分でもエキセントリックだと思うくらいに。それにこだわって生きてきたら、結果的にサラリーマン生活は長く続けられなかった、というだけのことなんです。

メールのポイントは「謙虚」「丁寧」「配慮」の3つ。メール文章にはあいさつはいらない、表現もドライでいい、と考える人がいますが、これは間違いです。たとえば「お忙しいところ恐縮ですが」「恐れ入りますが」といった謙虚さを表わすクッション言葉は必須ですし、「ください」ではなく「していただけますでしょうか?」と丁寧な言葉づかいも大事です。また、「配慮」という意味では、忙しい相手にいきなり長文を送りつけることは、迷惑以外の何物でもありません。初対面でのメールは長くても400字程度です。

知価ブランドの商品値段は高額です。「そんなものにお金は出せない」という人も出てくるでしょう。その一方で、知価ブランドが提供するイメージに共鳴した人は、高い意思決定コストを乗り越えるだけの強い思い入れがあるぶんだけ、そのブランドを手にすることで「他の人とは違う」「いつもとは違う」という、非日常的な経験を味わえるのです。

経営者から見て頼れる幹部、あるいは部下から見て頼れるリーダーの条件にはいろいろな要素がありますが、嘘をつかない、悪いことをしないといった基本的な要素がまず必要になります。グーグルの中には「Don’t be evil.(邪悪になるな)」という言葉があります。悪事を働かなくてもお金は稼げるということです。

私は革命家ではなく、何かを革命したいとも思わない。私はとても明確な考えを持っている一人の人間にすぎない。

部下が上司の顔色ばかりうかがうのは、上司がなぜ怒り始めるのかわからないからです。相談に行けば「いまは忙しい!」、報告すれば「何でもっと早く言わない!」、失敗すれば「バカヤロー!」。触らぬ神にタタリなし。こんな上司にゴマすり以外の目的で近づいてくる部下はいないでしょう。

失敗やトラブルは成功のもと。怖がるな。乗り越えて、解決すれば、プラスになるんだよ。

ページの先頭へ